2021年01月31日

遠くなりゆく

1月31日(日)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P1800457.JPG

今日で、1月も終わりですね。

何か記憶に残る事をしただろうか・・、と思いを巡らせてみるが、ただ大雪とコロナ々で
日々が過ぎて行ったようでいささか心もとない。


P1800465.JPG

今は外出自粛などでじっと我慢のような日々だが、2月になれば明るい
春の兆しがやって来るだろう。

★ つれづれに一句

  一月尽 遠くなりゆく 日々なりし   yamahiko
    ・いちがつじん とおくなりゆく ひびなりし





posted by yamahiko at 19:23| 今日の空

2021年01月29日

今朝の雪

       1月29日(金)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P1290030.JPG

もうすぐ立春も近いというのに、積雪の朝になった英彦山です。

それでもやはりこの時期の事、フワフワ・サラサラの雪で陽が当たれば
たちまち解けてしまいそう。

P1290028.JPG

P1290013.JPG

P1290024.JPG

P1290018.JPG

P1290006.JPG

P1290008.JPG

雲が厚く暗いですが、とりあえず今の状況をお知らせします。









posted by yamahiko at 11:05| 雪景色

2021年01月28日

添田町役場へ

1月28日(木)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P1280006.JPG

久し振りに、添田町役場へ。
やはりコロナ禍の事で、入り口には自動検温器が設置され消毒薬も置かれて万全の
体制になっている。

で、今日の目的は春も近くなり、新年度のガイドとしてのイベントなどの方向性を
見当するもので、役場職員や観光協会などと協議した。
長い冬眠から、覚めるような思いですね。

まだ検討中でここまでしか云えないのが残念ですが、決まったら真っ先にここで
お知らせしましょうね。
それもこれも、今のコロナ問題が治まらない事にはね。

英彦山に集いましょう、英彦山に集合〜、と云える日が近いことを願うのみです。

P1280001.JPG

梅も咲き始めたよ。

★ つれづれに一句

  春めいて 五感いきいき 蘇る   yamahiko
   ・はるめいて ごかんいきいき よみがえる




  

posted by yamahiko at 19:55| ガイド

2021年01月27日

三寒四温の空に

1月27日(水)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P1270007.JPG

降り続いた雨が止んだので、花見ヶ岩へ。
気温は8℃と凌ぎやすくなってきたが、この季節は三寒四温と云われるように
寒さと温かさが行ったり来たりで、当分は空模様が気掛かりになる。

まだ冬の気配に静まり返った集落を見下ろすと、一筋の煙が立ち昇っている。
寒さで溜まりに溜まっていた畑仕事を、春を待たずに始めているのかも知れない。

★ つれづれに一句

  冬耕す 土への想ひ 絶ち難く   yamahiko
    ・とうこうす つちへのおもい たちがたく


P1270005.JPG

東峰村から、朝倉方面。

P1270006.JPG

添田町方面。

湧きたつ白雲の間から青空も覗いているが、これから週末にかけて寒波となり
雪が降るかもしれないとか。
まだまだ、寒さにはご用心だ。






posted by yamahiko at 13:53| 今日の空

2021年01月25日

雫を溜めて、セリバオウレン

1月25日(月)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P1250004.JPG

もう、セリバオウレンが咲いている。
と云ってもこれは、皆さんにお馴染みのあのスポットではなく、とある場所と
だけにしておきます。

この花を見ると春近しを思い、ちょっと洒落て「スプリング・エフェメラル」などとも
呼ばれ、その可憐さから「春の妖精」とも云われている。

イチリンソウ、ニリンソウ、バイモ、フクジュソウ・・・、など春を呼ぶ花は色々あるが
英彦山ではまずセリバオウレンで、これを見るといよいよだなとと思う。
季節ごとに山野草が多く、年間を通じて花を追うようにしている人達が多いが、まずは
この花を確認していよいよの季節到来だ。


P1250002.JPG


P1250010.JPG


P1250012.JPG


朝の霜が解けた雫でキラキラのセリバオウレン、まだまだ冷たい山風の中で
じっと季節の巡りを待っているようです。

頃合いを見てあのポイントへ花の様子窺いへ行き、アップしましょうね。

★ つれづれに一句

  春草の 雫こぼさぬ ほどの風   yamahiko
     ・はるくさの しずくこぼさぬ ほどのかぜ






posted by yamahiko at 11:54| 植物・春