2019年08月09日

空蝉・うつせみ

8月9日(金)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P8090002.JPG

朝から降るような蝉時雨、それが盛んになる頃蝉のヌケガラをよく見る。
大体脱皮したその姿そのままで、葉っぱや木の幹にしがみついているが、その
透明感に見入ってしまうし、まだ力が残っていそうにも見える。

季語にもなっていて「空蝉・うつせみ」と云い、この響きが何とも情緒があり、この
季節になるといつも同じ柿の木を探してしまう。
よほどこの木が都合よいのか、今年も見つけた。

★ つれづれに一句

  空蝉の 薄さ軽さを 愛しめり   yamahiko
     ・うつせみの うすさかるさを いとしめり



posted by yamahiko at 20:13| 日々のあれこれ

2019年08月08日

今日は立秋

8月8日(木)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P8070053.JPG

今日は立秋、暦の上ではもう秋という事になります。
日中の暑さは変わらず、降る程の蝉時雨は相変わらずだけども、植物たちは
秋へと衣替えし始めているし、白雲の棚引きにも季節の進みを見て取れる。

山の夏は短い。
これから盆を迎え、それも終わる頃秋は足早にやってくる。

★ つれづれに一句

   昨日今日 似て非なるものや 秋立ちぬ   yamahiko
      ・きのうきょう にてひなるものや あきたちぬ



posted by yamahiko at 23:21| 今日の空

2019年08月07日

夕立ちの後は

8月7日(水)

最近は台風一過という空模様にはならないようで、今日も朝から雲が多く
蒸し暑かった。
それがピークになった夕方からは、突然の雨と雷鳴が鳴り響いた。
この夏初の、夕立ちですね。

そして何より、夕立の後の空はドラマチックだ。
久し振りに、花見ヶ岩へ行ってみよう。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P8070064.JPG


P8070071.JPG

雲が多いがそれ故に、夕映えが冴えわたっているし、棚引く雲海も
紅く染まっている。

P1750976.JPG


P1750977.JPG

日輪を大きく、これは一眼レフで。
やはり、太陽は偉大で神秘だ。


P8070066.JPG

田川の方も、まだ昼間の余熱が残っているような夕景だ。


P8070076.JPG

障子ヶ岳の上には、月だ。
いつの間にか7時を過ぎてしまった、そろそろ帰ろうか。

★ つれづれに一句

  夕立の 後の雲なり 空なりし   yamahiko
    ・ゆうだちの あとのくもなり そらなりし









posted by yamahiko at 22:32| 今日の空

2019年08月06日

台風が去り

8月6日(火)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P7280005.JPG

★ つれづれに一句

  台風が 去りたる後の 静かさに   yamahiko
    ・たいふうが さりたるあとの しずかさに

台風八号は、どうやら走り去ったみたい。
我が家のフウラン、雨風に散ってしまうかと心配していたが、それほど強風に
なる事はなかった。


posted by yamahiko at 20:18| 日々のあれこれ

2019年08月05日

夏の花を案内

  8月5日(月)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P8050018.JPG

今日は新聞社の取材で、北岳コースへ案内。
望雲台が目的で、涼しい時間帯と思い8時には登り始めたが、それでも
たちまち汗まみれになってしまう。

★ つれづれに一句

  山登る 一歩一歩に 玉の汗   yamahiko
    ・やまのぼる いっぽいっぽに たまのあせ

望雲台への登り口で、撮影タイムだ。

P8050007.JPG

P8020047_collage.jpg

P1750946.JPG

P1750952.JPG

今が盛りのイワタバコや、クサアジサイなどの夏の花たち。
首尾良く、撮れただろうか。




posted by yamahiko at 21:35| ガイド