2020年08月29日

蝉時雨に

     8月29日(土)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P8290005.JPG

朝日が僅かにでも射し込んでくると、もう蝉時雨の大合唱になるこの頃。
その中でも法師蝉の声が、最近は一段と甲高くなってきた。

ツクツクホーシ・ツクツクホーシと聞こえてくるあれで、その鳴き声を聞いていると、
秋の深まりを感じるものです。

P8290006.JPG

急き立てられるような蝉の声。
今日は、残暑とも云えないような暑さになりそうです。

★ つれづれに一句

  毎日を 励め〃と 蝉時雨   yamahiko
   ・まいにちを はげめはげめと せみしぐれ



posted by yamahiko at 09:31| 歳時記

2020年08月27日

タカサゴユリが咲く頃に

8月27日(木)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P8250077.JPG

タカサゴユリが、咲く頃になってきた。

よく似ているテッポウユリとの違いは、花に薄紫の線があることで、それにしても
純白が輝くような美しさですね。
見かけによらず(?)、道端や荒れ地にも勢い良く咲く強じんさを持っている。

それでも純白を保つ日にちは僅かで、2・3日でしぼんでしまい、本当に「花の命は
短くて・・」そのものだ。

秋の気配の中で咲き始め、時折りの風に小さく揺れている。

★ つれづれに一句

  揺れ易き ことにも秋の 花として   yamahiko
   ・ゆれやすき ことにもあきの はなとして


 

posted by yamahiko at 20:31| 植物・秋

2020年08月26日

風は秋

      8月26日(水)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P8250019.JPG

英彦山はようやく、秋の気配になってきた。
昨日鷹巣原高原へ行ってみると、ススキの穂が立ち上がり始め風になびいているし、足元には
虫の声がひとしきり甲高い。
蝉時雨と虫すだく声の大合唱で、夏と秋がまだ行ったり来たりの季節です。

P8250009.JPG

P8250008.JPG

ススキの穂がこの高原を埋め尽くし、銀色の波がなびく頃本当の秋到来だ。

P8250003.JPG

P8250004.JPG

千切れた雲も、秋らしい空になってきた。
イワシ雲、ヒツジ雲・・・、秋は空が面白いな。

秋草も出番だ。

P8250043.JPG

P8250070.JPG

ゲンノショウコ。

P8250069.JPG

クズの花。

どれも風に揺れやすく、それも秋らしくて好いものです。

★ つれづれに一句

  揺るるもの 咲き初めしもの 風は秋    yamahiko
    ・ゆるるもの さきそめしもの かぜはあき




posted by yamahiko at 09:03| 植物・秋

2020年08月23日

弔事にて

       8月23日(日)
弔事はいつも突然舞い込んでくる。
通夜から葬儀への、心落ち着かない時間を
過ごしています。

今日はこれで失礼します。

・スマホからの投稿です。

posted by yamahiko at 08:44| 日々のあれこれ

2020年08月21日

生中継、無事終了

8月21日(金)

先日現場下見の案内をした、KBCラジオ番組「川上政行 今日もしゃべりずき」の
本番が今日、英彦山とスタジオを繋いでの生中継が無事に終わりました。

英彦山のお勧めスポットを5か所紹介するお役目でしたが、持ち時間は15分。
5か所だけと云われてもねぇ、あれもこれも喋りたい・・などと思っている内に
終了となり、好い経験をさせてもらいました。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P8210001.JPG


終了後、リポーターの三澤澄也アナウンサーと中継場所の花見ヶ岩で。
彼のその場を盛り上げる気配りと、確かな語り口、などさすがにプロだなと
感じ入るばかりでした。

お疲れさまでした。
これからも、英彦山を宜しくお願い致します。




posted by yamahiko at 20:21| メディア