2020年11月17日

小春日和に誘われて

11月17日(火)

・写真をクリックすると、拡大されます。

PB160009.JPG

ポカポカ陽気に誘われて、鷹巣原高原までチョット歩いてきました。
この秋、何回ここまで来ただろうか。

季節は進んでいるな、と思う。


PB170017.JPG

PB160013.JPG

PB160014.JPG

季節外れの温かさというが、上着いらずのこの陽気はやはり嬉しい。
紅葉に見惚れながら、どこまでも歩きたくなる。


★ つれづれに一句

  何よりも 小春日和で ありしこと   yamahiko
   ・なによりも こはるびよりで ありしこと


追記します。

PB170016.JPG

PB170003 (1).JPG

PB170006.JPG

NHKテレビの夜のニュースで、鷹巣原高原のススキが放映されました。
有り難うございました。







posted by yamahiko at 19:37| 紅葉情報

2020年11月16日

落ち葉焚き

11月16日(月)

・写真をクリックすると、拡大されます。

PB150107.JPG

落ち葉焚きの、季節になってきた。

パラパラと降り積もる落ち葉、それもなかなか好いものだと呑気に構えていると
手の付けようがなくなるので、少しづつ落ち葉焚きに励むようにしている。
いや、楽しんでいる。

それでも、掃き寄せてしまうのは惜しい落ち葉のとりどりの色です。

PB150109.JPG

PB150096.JPG

立ち昇る煙とその匂いに、いよいよ冬近しだなと思う。

★ つれづれに一句

  掃き寄せし 落ち葉の色を 惜しみけり   yamahiko
    ・はきよせし おちばのいろを おしみけり



  

posted by yamahiko at 21:15| 歳時記

2020年11月15日

散りながら色付きながら、亀石坊庭園へ

11月15日(日)

・写真をクリックすると、拡大されます。

PB140075.JPG

我が家からすぐ近くの、亀石坊庭園へ。
国の名勝に指定されている古庭園であり、室町時代の画僧である雪舟による作庭と伝わる。

散りながら、色付きながらの晩秋の景色になっていて、しみじみと歩きたくなる。

PB140093.JPG

PB140090.JPG

PB140077.JPG

新緑の頃から何かにつけ通っているが、こういう名園が身近にある暮らしというのも
英彦山ならでは、かと思う。

PB120002.JPG

PB120003 (1).JPG

池にも、散紅葉の色が鮮やかだ。

★ つれづれに一句

  水の中 にも晩秋と 云へるもの   yamahiko
    ・みずのなか にもばんしゅうと いえるもの


 
posted by yamahiko at 19:35| 史跡ご案内

2020年11月14日

参道の賑わい、奉幣殿まで

11月14日(土)

今日は紅葉狩りの人出で賑わう参道を登り、奉幣殿まで。
観光客気分になって、いつもの生活の範囲を歩くのも又新鮮な気分に
なるものですね。

・写真をクリックすると、拡大されます。

PB140015.JPG

PB140017.JPG

PB140003_collage.jpg

財蔵坊の今日の当番、宮内さんと見学者が多いことに備えて駆けつけた黒木さんが
頑張っている、お疲れ様です。

敷地内のカエデやモミジは樹齢を重ね、茅葺きの屋根越しに見ることになり、それが
庭に影を落としているので、少し暗く写ってしまってますね。


PB140030_collage.jpg

PB140038.JPG

PB140049.JPG

登る人・下る人の喧騒の中、この彩を楽しみながら、ゆっくり石畳を登って行こう。

★ つれづれに一句

  逝く秋を 惜しむ歩みと なりにけり   yamahiko
   ・ゆくあきを おしむあゆみと なりにけり



PB140058.JPG

PB140065.JPG


奉幣殿境内も今まさに極みの色付きで、青空の下の今日という日に感謝です。
お疲れ様でした。


posted by yamahiko at 20:23| 紅葉情報

2020年11月13日

油木ダム、もう見頃に

11月13日(金)

・写真をクリックすると、拡大されます。

PB130004.JPG

油木ダムの紅葉も、見頃になっている。
山から始まった色付きはもうここまで降りて来て、いよいよ晩秋ですね。


PB130015.JPG

PB130011.JPG

PB130006.JPG

PB130018.JPG

「中島」に入ると、真っ赤な紅葉に染まりそう。


PB130007.JPG

PB130010.JPG

「中島」から見る、この湖面の静けさが好きです。
奥のトウカエデの色付きが、好いポイントになっている。

★ つれづれに一句

  逝く秋に 蒼く鎮もる 水面かな   yamahiko
   ・ゆくあきに あおくしずもる みなもかな




posted by yamahiko at 21:24| 紅葉情報