2020年03月18日

ゲンカイツツジ巡り

3月18日(水)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P1780010.JPG

3月もこの頃になると、ゲンカイツツジの咲き具合が気になって来る。
サクラも咲き始めたとニュースになったり、春を待っていたように色々の芽吹きや
開花が次々に始まる。

南岳コースの、「玉屋見口」まで行ってみよう。

P3180014.JPG

杉林を抜けて。

P3180015.JPG

P3180029.JPG

智室谷の坊舎跡の石垣を見ながら、緩やかに登ってゆく。
この辺りはいつ来ても静寂そのもので、今日は天気が良く野鳥の甲高い
囀りだけが木立の間から響いてくる。
やがて分岐点に到着、そこから登山道を逸れて小道を進む。

P3180037.JPG

P3180031.JPG

この岩場の小道は登山道でもなければ、生活道でもない、その昔山伏達が
行場から行場へと行き交った、いわば「山伏道」と言える。
智室谷、玉屋谷、四王寺谷など、そして上宮へ通じてもいる。

そしてゲンカイツツジはというと、まだ蕾でした。
もう少しで、咲き始めそうだ。

もう一か所、行くことにしよう。

P3180051.JPG

P3180046.JPG

障子ヶ岳と白岳が眼前に迫る、岩稜です。
ここはまだ蕾も多いながら、濃いピンクの花を咲かせていました。

P1780004.JPG

P1780001.JPG

P3180053.JPG

風がありそれをやり過ごしながら、どうにか撮れて好かった。
この谷はタムシバも白い花を咲かせるが、それはまだまだのようでしたね。
ゲンカイツツジ巡りの、山歩きでした。

お疲れさまでした。












posted by yamahiko at 20:56| 山行記録

2020年03月17日

中岳へ、残雪の正面コース

      3月17日(火)

昨日の雪はまだ残っているかなと、正面コースを登ってきましたが、やはり
この時期の事で、解けるのも早いようで所々に残雪という感じでした。
最近は朝の時間は薄曇りで、昼近くになるとようやく晴れてくるというパターンが
多くなっているようで、今日もそれでした。

ま、気持ちを奮い立たせて登りましょう。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P3170019.JPG

修復なりし下宮を見ながら、登山開始。
暫くは鬱蒼とした杉木立の中を一歩一歩踏みしめて歩く。

P3170033.JPG

P3170038.JPG

第一展望所までの急登がこのコースでは一番の難所になり、ここまで来ると後は
緩やかになる。
それでも初めての人は、もうここで諦めて帰ることもあると云う。

鬼が一夜にして築いたと云われるだけあって中々の登りで、さてここで一息ついて
また歩き始めよう。


P3170040.JPG

少し雪が増えてきた。


P3170046.JPG

中津宮を過ぎた辺り、岳滅鬼山方面の稜線を見ながら。


P3170050.JPG

千本杉の谷を通り過ぎて、行者堂に到着。
ここからは中岳まで、あと僅かな登りだ。

樹々の雪は完全に解けてなくなり、登山道の雪に足元を気を付けながら登ってゆこう。


P3170051.JPG

中岳上宮が、見えて来た。
この空は黄砂も交じっているのかもしれない、と思わせるような薄曇りですね。

中岳到着後は、まずは今日の目的バイオトイレの掃除点検を済ませる。
登山者もポツリポツリと登って来て、いつものように山の情報交換やらに、時間は過ぎてゆく。
気温は上昇中のようで、休憩していても苦にはならない。

帰りも、正面コースを下ることにしよう。

P3170030.JPG

ツクシショウジョウバカマ、もうこれが咲く季節なんだ。

P3170070.JPG

P3170078.JPG

P3170058.JPG

参道のミツマタも、咲き進んでいる。

P3160076_collage.jpg

家の周囲の雪は、これで解けそう。

お疲れさまでした。


















posted by yamahiko at 16:18| 山行記録

2020年03月16日

花見ヶ岩から

3月16日(月)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P3160070.JPG

本日2回目の更新です。
昼前から急に晴れて来た、こんな時は花見ヶ岩に登らねば。
まったく予想をしていなかった今朝の雪、これが今季最後かも知れないのでね。

やはり、青空の下で見る雪景色は最高でした。

P3160044.JPG

山の方を見ると、大きな雲の流れも。

P3160061.JPG

眼下には、英彦山集落。

P3160047.JPG

障子ヶ岳方面。

P3160051.JPG

朝倉方面の稜線は、雲に覆われて。

P3160042_collage.jpg

青空が嬉しく、思わず撮りたくなってしまうよね。
日差しに気温が上がりたちまち溶け始めてしまい、これも春の雪らしい。

P3160006.JPG

テレビ局の、撮影も来ていた。

夕方のニュースコーナーで、この雪景色が放映されました。

P3160003.JPG

P3160009.JPG

FBSテレビ。

P3160018.JPG

P3160013.JPG

NHKテレビ。

有り難うございました。






















posted by yamahiko at 20:21| 雪景色

名残り雪の朝に

3月16日(月)

おはようございます。
一夜にして雪・雪・雪の、英彦山になりました。

とりあえず家の周囲をグルリと撮ってきましたが、今日はもう一回
更新できたらな、と思っています。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P3160010.JPG


P3160007.JPG

まだ、誰にも踏まれていない雪。

P3160008.JPG

P3160009.JPG

咲き始めているミツマタにも。
フワフワだ。

P3160011.JPG

シャクナゲにも。
これで雪が止んで、青空が広がったらどんなに奇麗だろうか。

★ つれづれに一句

   咲き急ぐ 花の数多に 名残り雪   yamahiko
      ・さきいそぐ はなのあまたに なごりゆき




posted by yamahiko at 09:11| 雪景色

2020年03月15日

再開します

3月15日(日)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P3150007.JPG

12月から冬季閉館していた財蔵坊、今月28日(土)から一般公開を
再開します。
今日はガイドメンバーが集合してそれに向けての準備、大掃除を頑張りましたよ。

P3150003_collage.jpg

P3150017.JPG

一冬閉めていたので部屋の中から外まで、皆で片付けやら拭いたり掃いたりの
一日仕事になりましたが、これで準備完了です。
これからの公開日は、土・日・祝日、10時〜15時、となります。

そして、今日は英彦山神宮の御田祭も行われました。

P1770946.JPG

P1770973.JPG

P1770933_collage.jpg

田畑の農作業が始まる前の、五穀豊穣を祈念する神事です。

★ つれづれに一句

  霊山の 古式を守りて 御田祭   yamahiko
    ・れいざんの こしきをもりて おんたさい

英彦山の本格的な春到来への、一歩が始まりました。

  















posted by yamahiko at 21:53| 財蔵坊日記