2021年02月16日

中岳へ、霧氷林

     2月16日(火)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P2160028.JPG

やはり、2月の天候は分からないものですね。

今日は中岳のバイオトイレの掃除当番で、中岳へ登ったら一面の霧氷でビックリでした。
上宮に近づくほどに予想もしていなかった霧氷林の景色が広がり、英彦山はまだまだ
冬の名残りですよ。

そう云えば昨日の雨の湿度が高く気温は氷点下まで下がって、山風もあり霧氷の条件は
揃っているので、こういう事になったようです。

P2160032.JPG

★ つれづれに一句

  聖域を 荘厳したる 霧氷林    yamahiko
    ・せいいきを しょうごんしたる むひょうりん



P2160048.JPG


P2160035.JPG


P2160042.JPG

南岳の斜面も霧氷、霧氷で日差しに映えている。


P2160037.JPG

青空が嬉しいな。
気温が上がり始めているようで、もうパラパラと欠片が散り始めている。

P2160054.JPG


P2160046.JPG


P2160057.JPG

この景色もきっと昼過ぎになると、大半は解けているんだろうな。
束の間の、霧氷の世界でした。

そして明日からは更に冷え込んで、雪が降るそうな。
あぁ、どれだけの積雪になるんだろうか、名残雪を楽しもう。










posted by yamahiko at 20:36| 山行記録

2021年02月15日

春寒し

2月15日(月)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P2150004.JPG

終日の雨と風に、静まり返った英彦山です。

少し気温も下がってきたようで、どうやら今週半ばには寒の戻りになりそうだと云い、
一気に春へと向かう訳でもないのは、この時期毎年の事ですね。
三寒四温の空模様を、見上げるばかり。

★ つれづれに一句

  山間の 空は気紛れ 春寒し    yamahiko
    ・やまあいの そらはきまぐれ はるさむし 



posted by yamahiko at 21:29| 今日の空

2021年02月13日

ハコベ

2月13日(土)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P2120009.JPG

ハコベの花が咲き始めている。
と云っても迂闊にしていると踏んでしまいそうなものだが、春めいて一気に
色々な草の花が目覚めている。

このハコベ、ひよこ草と云った方が親しみを感じるもので、近所のバァちゃんは
飼っていたインコに、これを摘んできては餌としてやっていた事を思い出す。


P2120005.JPG

大地が目覚める頃だ。

★ つれづれに一句

  春草や 大地むずむず してをりぬ    yamahiko
    ・はるくさや だいちむずむず しておりぬ








posted by yamahiko at 21:45| 植物・春

2021年02月12日

春の宵

2月12日(金)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P2120012.JPG

今日の夕暮れ、もう6時近くだというのにこの明かるい空。

すっかり日が永くなって気温も14℃、その昔の人は「春はあけぼの」と明け方の
空を湛えた、というが暮れ際も中々好いものです。

これからは、この時間の空撮りが楽しみになってくる。

★ つれづれに一句

  春の宵 今日を終わりの 空仰ぐ    yamahiko
    ・はるのよい きょうをおわりの そらあおぐ










posted by yamahiko at 19:27| 今日の空

2021年02月10日

冴え返る

2月10日(水)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P2090017.JPG

御幣を小さく揺らす、風が冷たい。
冬と春とがせめぎあう頃、急な寒さの戻りを「冴え返る」と云い、この季節の
季語にもなっており、何となく山の空気の乾きや透明感を感じるものです。

★ つれづれに一句

  切り幣の 白き揺らぎも 冴え返る   yamahiko
    ・きりぬさの しろきゆらぎも さえかえる




posted by yamahiko at 22:38| 歳時記