2021年08月23日

西日本新聞「英彦山花ごよみ」・クズの花

8月23日(月)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P8230005.JPG

西日本新聞の「英彦山花ごよみ」、8月はクズの花です。
秋の七草の一種としても、古来から愛でられてきた花で真っ先に英彦山周辺の
野山で季節の巡りを教えてくれる。

今年の夏は大雨のうちに、いつの間にか通り過ぎて行ったような。
気が付けば朝夕は凌ぎやすい風となり、草叢からは虫の音が聞こえてくるように
なっていて、月日の流れは早いものだと思います。


P8180030.JPG

秋の到来を告げる、クズの花です。

★ つれづれに一句

  咲き初めし 花にも秋の 訪れを   yamahiko
    ・さきそめし はなにもあきの おとずれを





posted by yamahiko at 08:44| メディア

2021年08月04日

息災を願い、茅の輪潜り

   8月4日(水)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P8010012.JPG

梅雨明けからバタバタと7月は終わり、猛暑の8月へと季節は進んでいる。

猛暑へと進む中で英彦山神宮の夏越祭も執り行われ、「茅の輪」が掛けられている。
暑い夏を乗り切り、残る半年の無病息災を祈願し、茅の輪を潜るのだ。

P8010009.JPG

P8010003.JPG

年中行事の一つであり、しつらえられた茅の輪を潜るのは、新鮮な気持ちになるものです。
ちょうど1年の真ん中に行われる「夏越の祓」で半年間の穢れを落とし、新たな気持ちで
残り半年の運気を強めるというもので、日本各地の神社でも行われている。

そして茅の輪をくぐり罪穢(つみけがれ)を祓い、来るべく暑い夏を無事に越せますように
という神事であります。

★ つれづれに一句

  健やかな 歩みで潜る 茅の輪かな   yamahiko
   ・すこやかな あゆみでくぐる ちのわかな


P8040003.JPG

夏越祭で戴いた、小さな茅の輪。
家内の高い所に掲げ、毎日の息災を願います。



posted by yamahiko at 20:10| 歳時記

2021年07月31日

早朝登山、中岳へ

7月31日(土)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P7300008.JPG

連日の猛暑続きもチョット中休みするようで、明日からの天候は不安定になりそう。
「梅雨明十日」と云うにはいきなりの暑さだったが、それも終わり季節は次の
ステップへ進むという事だろうか。

ならば今の内に山へ登ろう、という訳で昨日は中岳へ早朝登山しました。
日中の暑さを避け6時には我が家を出発、やはり朝の山の空気はヒンヤリと涼しく、
快適だなと思っていたら、行者堂付近まで来るとちょうど陽が当たりはじめて、もう
汗まみれになる。

P7300011.JPG


振り向けば添田町から、遥かに香春岳まで見渡せる。
下界はもう暑いんだろうな、などなど思いながら進もう。


P7300012.JPG

山頂の上宮が、緑深い中に見えて来た。
中岳休憩所には誰もいないだろうと思っていたら、早朝登山で登って来る人が
ポツリポツリと、やはり皆同じことを考えるようだ。

心地よい山風に、たちまち汗は引いてゆく。

★ つれづれに一句

  山頂を 極めし汗で ありにけり   yamahiko
    ・さんちょうを きわめしあせで ありにけり


P7300017.JPG


P7300021.JPG

北西尾根からの遠望、遠嶺はかすかに朝霞みだな。

行者堂には、修行者が参拝の証しとして「碑伝・ひで」が奉納されていた。
英彦山は連綿として修験の山の息遣いがあり、人々の崇拝を集めている。

P7300024_collage.jpg

咲いている野草などを見ながら、下山完了。
参道付近まで下りてくると、たちまち蝉時雨に包まれて現実に戻されたみたい。
それでも汗をかき切って、気持ちの良い山行でした。
お疲れ様でした。







posted by yamahiko at 13:55| 山行記録

2021年07月29日

蝉時雨の中で

7月29日(木)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P7290003.JPG

朝から降り注ぐような、蝉時雨。
その中で、蝉の抜け殻を見つけた。

これは「空蝉・うつせみ」とも云われ夏の季語にもなっており、樹々の幹や草の茎などで
しがみついたままの姿で、よく見られますね。

★ つれづれに一句

  空蝉に ある金剛の 力かな   yamahiko
    ・うつせみに あるこんごうの ちからかな


今年の夏は英彦山も暑く、連日30℃越えだが先日などはナント36℃を記録するほどにも
なり、その暑さを更に募らせるのが木立から聞こえてくる蝉時雨だ。

鳴き募る蝉たちの声に、いよいよの夏の盛りを思うこの頃の英彦山です。





posted by yamahiko at 14:23| 歳時記

2021年07月21日

西日本新聞、英彦山花ごよみ・カラスウリ

7月21日(水)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P7210004.JPG

西日本新聞の「英彦山花ごよみ」、7月の花はカラスウリの花です。

夕方咲き始めて翌日の日中には萎んでしまう、一夜限りの花。
秋には赤い実を付けるので、それの方がお馴染みかも知れませんが、英彦山の冷涼な
朝に見る純白の花は、夢・幻のようにはかなげです。

P7140002.JPG

P7140003.JPG

山野草好きには開花が待たれる夏の花であり、この時期には時々ブログなどでも
見事な画像がアップされていますね。

★ つれづれに一句

  咲く花に 朝の涼しさ ありにけり   yamahiko
   ・さくはなに あさのすずしさ ありにけり




  

posted by yamahiko at 13:45| メディア