2018年10月19日

山の深さに・キノコ

10月19日(金)

・写真をクリックすると、拡大されます。

PA170099.JPG

この時期は、一雨ごとにキノコが出てくる。
雨後のタケノコ、と云う言葉もあるが秋はキノコだ。

昨日までは何にもなかったそこいら辺の苔にも、ニョッキリと顔を覗かせるこんな小さなキノコが
好きだが、これは鑑賞用(?)にしておこう。
毒のあるツキヨタケと美味なるナメコぐらいの見分けはできるが、どちらにしてもキノコには
手を出さない方が無難なようです。


PA170102.JPG

寄り添うキノコだ、可愛いなぁ。

★ つれづれに一句

  茸出る 山の深さに 棲み慣れし   yamahiko
   ・きのこでる やまのふかさに すみなれし




posted by yamahiko at 21:33| 植物・秋

2018年10月18日

鷹巣原高原のススキ・銀のさざ波

10月18日(木)

・写真をクリックすると、拡大されます。


P1730669.JPG

★ つれづれに一句

  何もかも もふ何もかも 秋深む   yamahiko
    ・なにもかも もうなにもかも あきふかむ



PA180111.JPG


PA180113.JPG

もうじき紅葉とススキの競演が始まり、季節は極まる。
今年も夕映えの写真を撮りたいな、日中とはまた違う表情になり、それを皆さんにも見て欲しい。


P1730686.JPG


★ つれづれに一句

  ある時は 銀のさざ波 芒原   yamahiko
    ・あるときは ぎんのさざなみ すすきはら





posted by yamahiko at 22:10| 植物・秋

2018年10月15日

シュウメイギク

10月15日(月)

・写真をクリックすると、拡大されます。

PA150004.JPG

シュウメイギクが、咲き初めている。

といってもこれはよく庭先などで咲いている園芸種ではなくて、その原種と云われるもので、
英彦山ではそこいら辺の野原などで群生していたが、今ではサッパリ見られなくなった。

人の盗掘なのか、シカの食害なのか、おそらく両方だろう。


PA150013.JPG


PA150011.JPG

我が家のこれは、近所のバァちゃんからもらった一株を大事に育てたものが増え、こうやって
保護しているヒメシャガなどもあり、いつかは皆さんに見てもらえるような場所を・・、と思う。

忘れられている、記憶からなくなっている英彦山の山野草を植栽したコーナーが出来たら、
どんなに好いだろう、と思っているんですけどね。

PA150010.JPG

鹿よけネットで、しっかり守っています。

どうも日差しが、夕日っぽくなってきたような。
秋も深まると、山の日暮れは速いなぁ。


★  つれづれに一句

  山峡の 秋の陽ざしの 逃げ易し   yamahiko
    ・やまかいの あきのひざしの にげやすし





posted by yamahiko at 21:09| 植物・秋