2021年10月21日

ムラサキシキブ

10月21日(木)

・写真をクリックすると、拡大されます。

PA210034.JPG

ムラサキシキブの紫が、いよいよ濃くなってきた。
坊跡の庭隅などでこの色を見ると秋の深まりを思うし、そう云えば吹く風にも
冬近しの冷たさを感じる頃だ。

PA210030.JPG

PA210032.JPG

英彦山の冷涼な空気に、紫の品格は更に深まる。

★ つれづれに一句

  紫と いふ品格に 秋深む   yamahiko
    ・むらさきと いうひんかくに あきふかむ





posted by yamahiko at 19:59| 植物・秋

2021年10月19日

ムベ熟れる頃

10月19日(火)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P1810132.JPG

見上げると、絡みついた蔓の中にまだ青いムベの実だ。

アケビと間違えやすく完全に熟れるときれいな赤い色になり、熟しても赤い皮が
裂けず、果実の中にはたくさんの種と果肉が詰まっており味は甘みがある。
ムベの実には健康長寿の言い伝えがあり、その昔は天皇にも献上されたという。

ただ食べるには種がいささか邪魔になり敬遠されるようで、今は季節の鑑賞用として
栽培されたりもしている。


PA190059.JPG

なるほど、これは中々の熟れ加減で戴いて帰る事にしよう。

★ つれづれに一句

  寄る辺なき ものに綴りて 郁子熟るる   yamahiko
    ・よるべなき ものにつづりて むべうるる





posted by yamahiko at 19:37| 植物・秋

2021年10月16日

ジンジソウの花は

10月16日(土)

・写真をクリックすると、拡大されます。

PA160021.JPG

ジンジソウ(人字草)が、咲き始めている。
英彦山の登山道、少し湿り気のある岩場などを好む純白の小花だ。

花のかたちが「人」の文字に似ているので、この名が付けられたというが、
先人の言葉遊び、語彙の豊かさに感じ入るばかりです。


PA160014.JPG

PA160016.JPG

それにしてもよくよく覗き込むと、神秘的とも不思議とも云える花のつくりに
見入ってしまうし、人知では及ばないこの美しさだ。


PA160029.JPG

小さい花ながらも蜜があるようで、小虫もしっかりと来ているしね。

★ つれづれに一句

  秋草の 花の不思議に 屈みけり    yamahiko
    ・あきくさの はなのふしぎに かがみけり




posted by yamahiko at 20:01| 植物・秋