2019年10月15日

咲き急ぐ花たちに

10月15日(火)

去って行った台風が初冬の空気を運んできたようで、朝夕の冷え込みが
厳しくなってきた。
山の季節の進みは速く、秋の花たちも咲き急いでいるようで、少しでも綺麗なうちに
記録しておかねば。

・写真をクリックすると、拡大されます。

PA080010.JPG

サラシナショウマ。
よく見ると小花の密集で、以前は杉林の中などに普通にみられたが、環境の変化や
シカの食害などで、今や希少種のようになってしまった。

PA150009.JPG

ミゾソバ。
秋はタデ科の花が多くなりどれも雑草扱いだが、こうやって見るとどれも美しい。

PA150020.JPG

PA150016.JPG

ジンジソウ。
「人」のかたちの花びらが、ちゃんと写っているかな。

★ つれづれに一句

  覗き見る 花のかたちに 秋深む   yamahiko
    ・のぞきみる はなのかたちに あきふかむ






posted by yamahiko at 21:40| 植物・秋

2019年10月10日

ススキが見頃に

10月10日(木)

・写真をクリックすると、拡大されます。

PA100026.JPG

鷹巣原高原のススキが、見頃になってきました。
スキー場と言った方が、分かり易いかも知れませんね。


PA100012.JPG


PA100022.JPG


PA100027.JPG


PA100003_collage.jpg


昨日からの晴天で空は青く、吹く風でススキはなびき、もうこれ以上はないほどの
秋日和りです。
この日を待っていたようにカメラマンも来ていて、みんな首尾良く撮れただろうか。

★ つれづれに一句

   花芒 揺れ止みし時 日の匂ふ   yamahiko
    ・はなすすき ゆれやみしとき ひのにおう


PA100033.JPG

眩しさが嬉しい、ススキ原です。










posted by yamahiko at 21:48| 植物・秋

2019年10月07日

ナンバンギセルは

10月7日(月)

・写真をクリックすると、拡大されます。

PA070008.JPG

秋もたけなわになる頃、ススキの根元からニョキッとナンバンギセルが伸びてくる。

それでも根気よく探さないと中々お目に掛かれないが、このヒョウキンな姿は
一度見ると忘れることはない。

以前はススキのシーズンになると、スキー場でも普通に見られた。
環境の変化だろうか、今や絶滅したのではないかと思うほどになり、これも他のススキ原で
偶然見つけたもので、場所は秘密としておきます。


PA070011.JPG

ススキに寄生して小さく隠れ咲いている、ナンバンギセルです。

★ つれづれに一句

  秋草の 影を生まざる 丈なりし    yamahiko
    ・あきくさの かげをうまざる たけなりし





posted by yamahiko at 21:20| 植物・秋