2020年04月12日

桜の開花状況・豊前坊周辺、スキー場

4月12日(日)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P4110006.JPG

昨日の撮影です。
山に登ろうとも思ったが、朝から登山者が多いようなので最後の桜巡りに切り替えました。


P4110011.JPG


P4110010.JPG

豊前坊の周辺も咲き始めたようで、これで英彦山の桜もいよいよフィナーレですね。
この辺りは樹齢を重ねた樹々が多いが、毎年見事に咲いてくれています。

ここからスキー場へ向かいましたが今が盛りで、登りながら撮りながら桜まみれになり
最後のサクラを楽しみました。

P4110018.JPG

遊歩道への入り口、ここから緩やかに林の中へ登ってゆきます。

P4110033.JPG


P4110036.JPG


P1780145.JPG

山桜の林を楽しむ。
スキー場に近づくと視野が広がり、刈られたススキに足元を注意しながら。

P4110021.JPG


P4110079.JPG

切り株からは、モミジの芽吹きも。


P4110043.JPG

登り詰めた東屋から、遠く油木ダム方面を遠望。


P4110052.JPG


P4110054.JPG


P4110048_collage.jpg

下りになると、今までとは違う面白い遠望が広がる。


P1780170.JPG


P4110058.JPG

下りきって、これでグルリと一周したことになります。
時々カメラマンを見かけ、ここは英彦山の新しい山桜スポットになろうとしている。

英彦山の「桜の開花情報」は、今日で終わりにします。
今年はテレビ・新聞で、守静坊の枝垂れ桜に始まり参道や日岳の一本桜も紹介され、
沢山の人たちに観てもらえました。

有り難うございました。




















posted by yamahiko at 10:09| 植物・春

2020年04月06日

桜の開花情報・スキー場周辺

4月6日(月)

英彦山の山桜もいよいよ満開になり始め、もう好い頃かなとスキー場周辺の
咲き具合を見てきました。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P4050004.JPG

P4050002_collage.jpg

近くのキャンプ場には駐車場もあるが、今回は自然遊歩道から歩いて行くことに。
別所谷と云われるかつての坊舎跡の石垣が続き、ここも歴史の径です。

地蔵坂を通り抜け、国道に出てそのままキャンプ場を右手に見ながら、ハイキング気分で
スキー場へと歩こう。

さて、目的の山桜は咲き始めていますよ。

P4050020.JPG

P4050027_collage.jpg

P4050038.JPG

P4050042.JPG

P4050058.JPG

全体で云うとまだ4・5分咲きという感じで、全体が淡いピンクで染まるのは、
今週末あたりになりそうです。

スキー場と言えば、ススキや紅葉の美しさで知られているが、春の山桜も人目に
触れるようになり、カメラマンの姿も見られるようになってきた。
英彦山には、やはり山桜がよく似合いますね。

★ つれづれに一句

  山桜 には香気あり 光りあり   yamahiko
    ・やまざくら にはこうきあり ひかりあり





posted by yamahiko at 19:52| 植物・春

2020年04月05日

桜の開花情報・花見ヶ岩から、守静坊の枝垂れ桜、銅鳥居から参道

4月5日(日)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P4050069.JPG

今日の、花見ヶ岩からの遠望です。
山桜がいよいよ咲き誇り、集落も周辺の山並みもそれに埋もれるようになり、今が最も
「花見ヶ岩」らしい絶景です。

日本人は元来、山桜をこよなく愛でて来た。
英彦山の山桜を一望できる・・、という由来の「花見ヶ岩」であり、山伏達もこの
景色を堪能したことだろう。

★ つれづれに一句

  山伏の 里と伝へて 桜満つ   yamahiko
    ・やまぶしの さととつたえて さくらみつ


爛漫の桜、あれこれ。

P4050002.JPG

P4050004 (1).JPG

守静坊の枝垂れ桜。

P4050009.JPG

P4050016.JPG

P4050044.JPG

銅鳥居から、参道。

今はどこを歩いても、桜に巡り会う英彦山です。








posted by yamahiko at 21:10| 植物・春