2020年01月13日

セリバオウレン

1月13日(月)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P1100001.JPG

霜が降りた朝の庭で、それが射しこむ朝日にたちまち溶けてしまった、と思ったら
セリバオウレンがもう咲いているのに気が付いた。
まだ野草は冬眠中だと思っていたが、例年より約2週間は早い開花だ。

★ つれづれに一句
  
   春草の 影を生まざる ほどの丈    yamahiko
    ・はるくさの かげをうまざる ほどのたけ


セリバオウレンはどの野草よりも先駆けて、英彦山に春の到来を告げる花で、我が家の
これは、実生から育てている。

こうなるとあの自生地も、もう咲き始めているかも知れない。
近い内に行って、確かめることにしよう。






posted by yamahiko at 20:16| 植物・春

2019年05月05日

カヤラン

    5月5日(日)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P4280002.JPG

見上げると、カヤランの小花だ。
これは小花と云っても極小で、5ミリにも満たない野生ランです。

高い古木の枝先にしがみつくように咲いていて、これも望遠で必死に撮ったもので
こうやって見るとランの花そのものだと思う。
以前意外な場所で咲いているこの花を、大事に見守っていたがある日突然なくなってしまい
ガッカリした事がある。
シカの食害なのか人害なのか分からないが、どうか英彦山の植生を絶やさぬようにと
つくづく思うのです。

★ つれづれに一句

  絶やしては ならぬ数多や 風五月   yamahiko
     ・たやしては ならぬあまたや かぜごがつ



posted by yamahiko at 00:00| 植物・春

2019年05月01日

英彦山、4月の花たち

5月1日(水)

青葉若葉もすっかり茂り、初夏を感じるようになってきた英彦山です。
4月の花の覚え書きを、忘れないうちに記録しておきます。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P1750222_collage.jpg

セッコク、サンショ、ソメイヨシノ、フデリンドウ、コガネネコノメソウ、シロバナ
ネコノメソウ。

P4090054_collage.jpg

ヤマエンゴサク、ハナワサビ、シャガ、フッキソウ、ツクシショウジョウバカマ、
ゲンカイツツジ。

P4120072_collage.jpg

コショウノキ、シキミ、フウロケマン、コチャルメルソウ、クサイチゴ、シュンラン。

P4170004_collage.jpg

ヤマルリソウ、ハルトラノオ、シダ、ヤシャビシャク、タマゴケ、ヒトリシズカ。

P4180032_collage.jpg

サバノオ、フデリンドウ、アシボソアミガサタケ、エイザンスミレ、マムシグサ、サンキライ。

P4210015_collage.jpg

ムベ、アケビ、キジムシロ、アオキ、ヒメナベワリ、ジロウボウエンゴサク。

P4270035_collage.jpg

ツクシシャクナゲ、ヤマハコベ、カヤラン、オドリコソウ、ヤマシャクヤク、ジエビネ。

こうやって見ると、野の花・山の花は奇麗なものだとつくづく思うし、英彦山の豊かな
植生に気付かされます。

★ つれづれに一句

  競ひ咲く 若葉の山の 彩あまた    yamahiko
    ・きそいさく ごがつのはなの いろあまた   
















posted by yamahiko at 20:54| 植物・春