2019年05月05日

カヤラン

    5月5日(日)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P4280002.JPG

見上げると、カヤランの小花だ。
これは小花と云っても極小で、5ミリにも満たない野生ランです。

高い古木の枝先にしがみつくように咲いていて、これも望遠で必死に撮ったもので
こうやって見るとランの花そのものだと思う。
以前意外な場所で咲いているこの花を、大事に見守っていたがある日突然なくなってしまい
ガッカリした事がある。
シカの食害なのか人害なのか分からないが、どうか英彦山の植生を絶やさぬようにと
つくづく思うのです。

★ つれづれに一句

  絶やしては ならぬ数多や 風五月   yamahiko
     ・たやしては ならぬあまたや かぜごがつ



posted by yamahiko at 00:00| 植物・春

2019年05月01日

英彦山、4月の花たち

5月1日(水)

青葉若葉もすっかり茂り、初夏を感じるようになってきた英彦山です。
4月の花の覚え書きを、忘れないうちに記録しておきます。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P1750222_collage.jpg

セッコク、サンショ、ソメイヨシノ、フデリンドウ、コガネネコノメソウ、シロバナ
ネコノメソウ。

P4090054_collage.jpg

ヤマエンゴサク、ハナワサビ、シャガ、フッキソウ、ツクシショウジョウバカマ、
ゲンカイツツジ。

P4120072_collage.jpg

コショウノキ、シキミ、フウロケマン、コチャルメルソウ、クサイチゴ、シュンラン。

P4170004_collage.jpg

ヤマルリソウ、ハルトラノオ、シダ、ヤシャビシャク、タマゴケ、ヒトリシズカ。

P4180032_collage.jpg

サバノオ、フデリンドウ、アシボソアミガサタケ、エイザンスミレ、マムシグサ、サンキライ。

P4210015_collage.jpg

ムベ、アケビ、キジムシロ、アオキ、ヒメナベワリ、ジロウボウエンゴサク。

P4270035_collage.jpg

ツクシシャクナゲ、ヤマハコベ、カヤラン、オドリコソウ、ヤマシャクヤク、ジエビネ。

こうやって見ると、野の花・山の花は奇麗なものだとつくづく思うし、英彦山の豊かな
植生に気付かされます。

★ つれづれに一句

  競ひ咲く 若葉の山の 彩あまた    yamahiko
    ・きそいさく ごがつのはなの いろあまた   
















posted by yamahiko at 20:54| 植物・春

2019年04月30日

セッコクの白は

4月30日(火)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P1750222.JPG

今日で4月が終わり、明日から5月がやって来る。
そして平成から令和になり、いよいよ新しい年号の下で日々の暮らしが始まる。

連休なのに天気が悪く今日一日は、その関連番組を観ていた人も、多かったかも知れず
日本史に語り継がれる時間を、過ごしているという事になりそうですね。

霧雨の中、セッコクが咲き始めている。
御代替わりの、今日に相応しい純白です。

★ つれづれに一句

  咲き初めて 穢れなき白 夏兆す    yamahiko
    ・さきそめて けがれなきしろ なつきざす



posted by yamahiko at 21:12| 植物・春