2021年04月23日

レンゲツツジ

4月23日(金)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P4230019.JPG

レンゲツツジが、例年より10日は早く咲き始めた。
この花は毎年5月の連休中に咲くものだが、やはり今年の開花は何もかもが
少しせっかちみたいですね。

それにしても、鮮やかな花色ですよね。


P4230013.JPG

P4230003_collage.jpg

ここも鹿除けネットに囲まれているが、その外にも株が成長しているので
この一帯はレンゲツツジの名所になるかも。
群生した鮮やかな花色を想像して、楽しみなことです。

復活させたい花、植物たちが英彦山には多い。


P4230011.JPG

少し曇りがちだったけど、遥かに油木ダムを見ながら。
お疲れ様でした。




posted by yamahiko at 21:20| 植物・春

2021年04月22日

ヒメシャガの紫は

      4月22日(木)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P4220013.JPG

我が家の庭で、ヒメシャガが咲き始めている。
アヤメ科の多年草でシャガに似ているが、より小型で5月中旬頃淡紫色で径4〜5センチほどの
可憐な花を咲かせるが、今では乱獲のため山中で見ることはできない。

同じ修験道の地として知られる求菩提山のヒメシャガは、県の天然記念物に指定され、園地の中で
保護、植栽されている。
そんな希少種が我が家にある不思議、そのお話を。

P4220004.JPG

P4220005.JPG

もう随分以前に、近所のバァちゃんから10株ほどを分けてもらったのがその始まり。
それから種を採ったり、株分けをしたり、夏場は木陰に・・、などとそれはそれは大切に
育ててきたがこういう希少種は、中々上手く増えてはくれないものです。

そればかりではなくて、植木鉢ごと盗難にあったりもして油断も隙もならず、次の難題は、
鹿の食害に遭うことになったり、手間ひまを掛けて気苦労もしたり。

P4220007.JPG

P4220009.JPG

今では我が家の庭に張り巡らせた鹿除けネット(盗難除けでもある?)の中で悠々と花を
咲かせるようになって、順調に株数も増えてきた。

いつか英彦山でも、皆さんに自由に観てもらえる場が出来たらどんなに好いだろう。
そんな日を思いながら、今日もせっせと草むしりに励みました。

★ つれづれに一句

  万緑に 適ふ紫 咲き初めし   yamahiko
    ・ばんりょくに かなうむらさき さきそめし





posted by yamahiko at 20:32| 植物・春

2021年04月20日

カヤラン、マツラン

4月20日(火)

初夏の花が咲き始める頃、見上げる杉の古木に着生ランが見られる。
見られると云っても、「運が良ければ」と云うほどの希少種だが、案外枝先に
ぶら下がったりしているものです。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P4200003.JPG

カヤラン。

P4200005.JPG

P4200010.JPG

マツラン。

それぞれ2・3ミリの極小な花だが、よく見ると「蘭」そのものですね。
私のカメラではこれが限界でしたが、毎年これに出逢うことを秘かな楽しみに
しながら山を歩きます。



posted by yamahiko at 15:57| 植物・春