2019年05月30日

三重県へ、伊勢神宮・内宮

      5月30日(木)

お伊勢さん巡り、最後に向かった伊勢神宮内宮です。
皇室の御祖先であり、国民から総氏神のように崇められる天照大御神(あまてらすおおみかみ)を
お祀りしています。
今回で五回目の参拝になり、訪れるたびに新たな思いになるものです。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P5070072.JPG

P5070065.JPG

P5070062_collage.jpg

来歴などはこちらから
https://www.isejingu.or.jp/

そもそも伊勢神宮と英彦山は、神様の系譜で深い繋がりがある。

英彦山は、古来から神の山として信仰されていた霊山です。
御祭神が天照大神(伊勢神宮)の御子、天忍穂耳命(あめのおしほみみのみこと)であること
から「日の子の山」即ち「日子山」と呼ばれ、その後に現在の「英彦山」へと改称されたのです。

令和に御代替わりした参拝も終わり、さて、一路九州へと車を走らせたのでした。
最後までのお付き合い、有り難うございました。

★ つれづれに一句

  来歴を 語れば長し 新樹光    yamahiko
    ・らいれきを かたればながし しんじゅこう




posted by yamahiko at 00:00| 史跡ご案内

2019年05月29日

三重県へ、猿田彦神社

     5月29日(水)

外宮の次に向かったのは、伊勢神宮の別宮である猿田彦神社。
高千穂に瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)を御案内した、猿田彦大神が祀られている。

写真をクリックすると、拡大されます。

P5070050.JPG

P5070047.JPG

P5070046_collage.jpg

来歴などはこちらから
https://www.sarutahikojinja.or.jp/

前回ガイドの研修会で来たときは、この神社までは来られなかったのでようやくご挨拶が
出来たかな、という思いでした。

P5070056.JPG

このコンモリとした森の奥に、お社はある。

最後に向かったのは、いよいよ内宮です。
明日へ続きます。





posted by yamahiko at 00:00| 史跡ご案内

2019年05月28日

三重県へ、伊勢神宮・外宮

     5月28日(火)

伊勢路2日目は、夜明と同時に行動開始でまずは伊勢神宮の外宮へ。
本当は猿田彦神社へ向かったつもりだったが、どこで道を間違ったのか先に外宮へ
到着してしまいました。

やはり、ここも早朝の時間に行って良かった。
凛と張り詰めた空気の中で、緊張感すら覚えたものです。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P5070038.JPG

P5070037.JPG

P5070030.JPG

P5070029_collage.jpg

来歴などはこちらから
https://www.isejingu.or.jp/about/geku/index.html 

正式な名称は豊受大神宮、豊受大御神(とようけのおおみかみ)をお祀りしています。
内宮の天照大御神のお食事を司る神様であり、衣食住、産業の守り神としても崇敬されている。

本殿まで行くとその先は撮影禁止、それでなくともここまで来ると写真のことなど、忘れて
しまうほどの日常からかけ離れた空気感でした。
帰る頃には少しづつ参拝者も増えてきたようで、次の猿田彦神社へ向かいました。

明日へ続きます。




posted by yamahiko at 00:00| 史跡ご案内