2020年12月03日

昔を今に、庚申塔

12月3日(木)

・写真をクリックすると、拡大されます。

PB240030.JPG

英彦山を歩くと色々な石仏、石塔を見事があり思わず足を止める事があるが、その
中でも、「庚申塔・こうしんとう」と言われる石塔が一番種類が多いと云う。

これは本来は三匹の猿が一緒に彫られたものや、コワイ顔をした像であったりするが、
英彦山のそれは石塔にただ「庚申」と彫られている。

庚申信仰。
中国の道教では、人間の体の中には「サンシの虫」という虫が住んでいて、60日に1度
巡って来る庚申の日に眠ると、体内から虫が抜け出て、その人が犯した悪事を天帝に報告
すると云われている。
なのでその日は寝ないで起きていようという事になり、各地で「庚申講」などを組み夜通し
呑み語らい、その日を無事にやり過ごしたそうな。


PC030007.JPG

PC030006.JPG


江戸時代には全国的に広まったという庚申信仰、英彦山でも盛んに庚申塔が建てられた。
そして近年まで、年中行事として集落毎に庚申講が行われていたと云う。

この山深い里のこと、人々は集い一晩中眠らずに酒を酌み合い、語り合うこの行事を
楽しみにしただろうし、更に集落の絆を深めていたのかも知れない。

その昔を今に伝える、英彦山の庚申塔です。

★ つれづれに一句

  長き夜を 問わず語りの 集ひかな   yamahiko
   ・ながきよを とわずがたりの つどいかな


posted by yamahiko at 20:11| 史跡ご案内

2020年11月19日

お潮井採りの場、姥が懐

11月19日(木)

英彦山には四季折々の神事があり、それらで季節の進みを知り歳時記をめくるような
暮らしでもあります。

その中でも平安時代から古式を守り今に伝えられている、お潮井採り。
毎年2月末日から3月1日にかけて、今川、祓川流域のの里山の道を辿り、行橋市沓尾海岸・
姥が懐(うばがふところ)で禊をし、その潮水を竹筒に汲み、英彦山へ持ち帰って山内を
清める神事です。

こちらを、御覧ください。
http://yama-hiko.sblo.jp/article/185637056.html

その要となる、沓尾海岸「姥が懐」の岩窟の復活作業が先日行われた。

PB160005.JPG

11月16日、西日本新聞朝刊より

台風による潮位上昇などで砂に埋もれていた岩窟を、地元市民グループ、地元建設会社の協力、
英彦山からの有志、など善意の人たちの力で砂を掻きだして元の聖域に復活させた。

その推進役となった「豊の国海幸山幸ネット」の皆さん、暫くお会いしていないが活動を
続けておられ、その熱意に感服するやら感謝するやらです。

PB180003.JPG

PB180007.JPG

清掃が終わり静かに来春を待つ、聖域「姥が懐」です。

★ つれづれに一句

  冬近き 日の波音を 聴きながら   yamahiko
   ・ふゆちかき ひのなみおとを ききながら


PB180016.JPG

遠くには高住神社の潮井採りの場、「蓑島」が見えている。





posted by yamahiko at 14:48| 史跡ご案内

2020年11月15日

散りながら色付きながら、亀石坊庭園へ

11月15日(日)

・写真をクリックすると、拡大されます。

PB140075.JPG

我が家からすぐ近くの、亀石坊庭園へ。
国の名勝に指定されている古庭園であり、室町時代の画僧である雪舟による作庭と伝わる。

散りながら、色付きながらの晩秋の景色になっていて、しみじみと歩きたくなる。

PB140093.JPG

PB140090.JPG

PB140077.JPG

新緑の頃から何かにつけ通っているが、こういう名園が身近にある暮らしというのも
英彦山ならでは、かと思う。

PB120002.JPG

PB120003 (1).JPG

池にも、散紅葉の色が鮮やかだ。

★ つれづれに一句

  水の中 にも晩秋と 云へるもの   yamahiko
    ・みずのなか にもばんしゅうと いえるもの


 
posted by yamahiko at 19:35| 史跡ご案内