2018年02月07日

また雪籠り

2月7日(水)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P2060001 (1).JPG

積もりに積もった雪、昨日は除雪車の出動になりました。
たまたまこれに遭遇する登山者たちは、福岡県でも除雪車がやって来る〜!、とビックリしたり
するが、山暮らしには心強い味方だ。

P2060011_collage.jpg

その後は一瞬だけ息を吹き返したようになり、雪掻きに精を出して人の動きも活発になるが、
それも束の間のことで、深々と降る雪にまた静かな里に戻ってしまう。

慌てず騒がず、この大寒波が去るのをじっと待つ雪籠りです。

P2060015.JPG

P2060020.JPG

★ つれづれに一句

  降る雪が 山の暮らしを 閉ざしたる  yamahiko
     ・ふるゆきが やまのくらしを とざしたる


それでも遠くを見ると雪煙が上がったりして、これも冬ならでは。

P1710348.JPG

P1710352.JPG

夕日が差し込む中の雪煙、一瞬です。

今日の餌台の鳥たち、見てやってください。

P1710341.JPG

ソウシチョウ。

〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜
しゃくなげ荘前・国道500号、ライブカメラ
https://www.youtube.com/watch?v=tmir2AbO6-E
福岡県道路情報
http://www.douro.pref.fukuoka.lg.jp/
posted by yamahiko at 00:00| 雪の暮らし

2018年02月05日

今日は一休み

2月5日(月)

心配していた積雪、まぁ大した降りかたにはならなかったようで安心したと云うか、
拍子抜けしたような今朝の気分です。
それでも気温は氷点下5℃、断続的に雪は降っているし油断はできません。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P2050002.JPG

雪掻きというほどではないが、取り敢えず一人が通れるほどの路をつくり、様子を見ることに
して、今日は何の予定もないし家に籠ります。

P1710232.JPG

P1710223.JPG

「窓から写真館」で、雪景色に遊びます〜。

★ つれづれに一句

  ゆくりなく 暮らしの幅の 雪を掻く   yamahiko
    ・ゆくりなく くらしのはばの ゆきをかく


〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜
しゃくなげ荘前・国道500号、ライブカメラ
https://www.youtube.com/watch?v=tmir2AbO6-E
福岡県道路情報
http://www.douro.pref.fukuoka.lg.jp/
posted by yamahiko at 11:26| 雪の暮らし

2018年01月26日

昔の雪は

1月26日(金)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P1700938.JPG

雪もどうやら一段落したようで、時折の日差しにホッとしています。
それでも今期最低気温と云われる氷点下の寒さは続いているが、どうやらそれにも慣れてきたようで
人間の体は、順応性があるものだとつくづく思ったりもします。

こういう時に英彦山の長老からよく聞く話があり、それは
一昔前の冬の寒さはこんなものじゃなかった、雪も多くて何日も降り続きそれは大変だった、と。

そして、記録に残る「三八(サンパチ)豪雪」の事。
それは1963年(昭和38)1月に襲った記録的豪雪で、英彦山でも甚大な大雪や冷え込みとなり
道路は積雪で寸断され、自衛隊のヘリで救援物資が運ばれたという。

それでなくても今に比べると、道路事情も悪かっただろうし冬の暮らしは、過酷なものだったろうと
いう事は想像がつきます。

★ つれづれに一句

  大雪に 負けず怖れず 棲みたまふ   yamahiko
    ・おおゆきに まけずおそれず すみたもう

雪あればこその冬の英彦山、先人の苦労を偲びます。

あぁ、日が射しこんでくるとキラキラが増えてくる!

P1700925_collage.jpg

P1700971.JPG

★ つれづれに一句

  一雫 一雫伸ぶ 氷柱かな   yamahiko
    ・ひとしずく ひとしずくのぶ つららかな


本日のおまけ。

P1700968.JPG

餌台のメジロ、沢山食べていいよ〜。

〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜
しゃくなげ荘前・国道500号、ライブカメラ
https://www.youtube.com/watch?v=tmir2AbO6-E
福岡県道路情報
http://www.douro.pref.fukuoka.lg.jp/
posted by yamahiko at 00:00| 雪の暮らし