2019年04月08日

若葉の空

4月8日(月)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P4080015.JPG

まったく、早朝の雷と大雨には驚かされましたね。
春雷はモノの芽吹きを誘い、土中の虫たちを起こす・・、なんて言われているけども
あんな時間に突然鳴らなくても良いのに、と思う。

そして一転して、日中はこの青空になった。
ポカポカ陽気だし、こんな日は家でじっとしてはいられないですよね。

P4080022.JPG


P4080053.JPG

そろそろ青葉若葉の頃になってきたが、よく見るとそれぞれの芽吹きにはグラデ―ションが
あって、これも又いつまでも見ていたくなる春の空。

★ つれづれに一句

  若葉とは 青一色に あらざりし    yamahiko
     ・わかばとは あおいっしょくに あらざりし











posted by yamahiko at 20:05| 今日の空

2019年03月11日

あれから8年

3月11日(月)

午後から晴れ上がったので、花見ヶ岩へ。

山を見上げて、自分が住む集落を見下ろして、いつもの事だが毎回違う空の色だし、
その時の気分で思うことも違っている。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P3110006.JPG


P3110003.JPG

あぁ、自分は山間のこの里に住んでいるんだなと思う。

東日本大震災から8年過ぎた、今日は3月11日です。
あの日、いつものようにブログに、日頃のことを悠長にアップすることなど思いつかずに、ただ
見舞いの言葉だけを書き連ねたことを思い出します。

突然絶たれた日常、普通に朝を迎えることがどれだけ幸福な事か。
3月11日は、 平凡な日常の重さ、尊さを想う日です。

★ つれづれに一句

   忘れ得ぬ 日々を想ふも 春憂ひ   yamahiko
     ・わすれえぬ ひびをおもうも はるうれい




  

  
posted by yamahiko at 20:51| 今日の空

2019年03月07日

春雷の後の鎮けさに

3月7日(木)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P3070004.JPG

★ つれづれに一句

  春雷に 鎮もる空の 夕べかな   yamahiko
    ・しゅんらいに しずもるそらの ゆうべかな


今日は、天候激変の一日になりました。

朝から降り続く雨で終日暗く、それが時雨になり気温が急に2℃まで下がったと思っている内に、
霰(あられ)がバラバラと降り出した。

P3070010.JPG


P3070016.JPG


P3070018.JPG

英彦山は、毎年こうやって雹や霰がこの時期には降っているようで、山間の天候らしいとも云え、
季節の巡りを教えてくれる。

そして春雷、この時期の雷は虫起こしとも言われ、その音に土中の虫たちが驚き、活動が
活発になるとか、昨日は啓蟄だったし暦通りということになりますね。

P3070017.JPG

P3070009.JPG

春雷の後の、穏やかな夕暮れです。
雨雫に、夕景を閉じ込めてみました。







posted by yamahiko at 20:52| 今日の空