2018年02月28日

再開近し

2月28日(水)

早いものですね、もう2月も終わり。
つい何日か前まで大雪に閉じ込められたり、その雪を喜んでいたりしていたのがウソのように
春めいてきた。

12月から冬季休館に入っていた財蔵坊、3月半ばには再開します。
その準備に取り掛からないといけない〜、という訳でチョット下見へ行って来ました。

・写真をクリックすると、拡大されました。

P2270007.JPG

P2270014.JPG

P2270002_collage.jpg

一冬中閉め切っていたので、まず開け放ち風を通す。

少し床を磨いて、溜まりに溜まった落ち葉をこれまた少し掃き集め・・、近い内に皆で
大掃除をする予定です。

P2270006.JPG

P2270001.JPG

何もかも始まる、そんな3月がやって来る。

★ つれづれに一句

  春めきぬ 山の日差しの 濃きほどに   yamahiko
    ・はるめきぬ やまのひざしの こきほどに
posted by yamahiko at 00:00| 財蔵坊日記

2018年01月05日

冬日和の日差しに

 1月5日(金)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P1030024.JPG

ユルユルと、半分は冬眠のような毎日が過ぎてゆく英彦山の冬。
こんな時こそ、読みかけの歴史資料でも開こうと思うが、中々そうはならないもので
長閑な時間を楽しんでいる。

それでも気がかりになることは幾つかあり、昨日は冬季閉館中の財蔵坊の巡回へ。
戸締りの確認などをして、異常なしだ。

落ち葉が溜まり始めているがそれは見なかったことにして(?)、まぁ次に何とかしよう。

P1030029.JPG

P1030031.JPG

固く戸を閉ざしている山家は鎮まり返っているが、日差しに包まれている冬日和です。
この日和がいつまで続くのか、これから本当の厳冬期になるわけで油断ならない。

日差しは暖かいが風は冷たく、雪は、寒さは、さぁどうなる。

P1030023_collage.jpg

★ つれづれに一句

  閉ざしある 山家に三寒 四温かな   yamahiko
    ・とざしある やまがにさんかん しおんかな
posted by yamahiko at 00:00| 財蔵坊日記

2017年12月10日

また来年

12月10日(日)

・写真をクリックすると、拡大されます。

PC090015.JPG

12月は一つ一つ片付けたリ、区切りをつけたりして新しい年を迎える準備の月だ。

お知らせです。
財蔵坊は冬季休館に入ります。
この一年、有り難うございました。

財蔵坊は、とにかく寒い!
グルリを木立で囲まれているからなのか、夏は快適だが冬はしんしんと冷え込み、手水鉢には
薄氷が張っているし、日陰には先日の雪がまだ残っていた。

PC090002_collage.jpg

PC090008.JPG

火の気のない囲炉裏端は寒々としているが、雪深い日に一度くらいはゆっくりと
「雪の庭と囲炉裏の火」を撮ってみたいと思っている。
一人だけの撮影会、ですね。

戸締りをしっかりして、今年は終わりです。

PC090016.JPG

また、来年。

★ つれづれに一句

  静けさに 固く閉ざして 冬館   yamahiko
     ・しずけさに かたくとざして ふゆやかた


〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜・〜〜

しゃくなげ荘前・国道500号、ライブカメラ
https://www.youtube.com/watch?v=BnaBXnyzOA4
福岡県道路情報
http://www.douro.pref.fukuoka.lg.jp/
posted by yamahiko at 00:00| 財蔵坊日記