2019年01月31日

昔の寒さは

1月31日(木)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P1300021.JPG

もう1月も終わりで、冬季閉館している財蔵坊のことが気掛かりになり久し振りに
風を通すために戸をあけ放つ。
火の気がなく自在鉤だけの囲炉裏の間というのも、寂し気なものです。

P1300023.JPG

P1300032.JPG

それにしても、畳が冷たくこの寒さでは長居は出来ない。
むかしの暮らしの冬の過酷さを思わずにはいられないし、これに積雪の難儀さが加わると
どれだけ大変だったろうか。

夜寝ていると茅葺屋根のどこからともなく雪が降り込んでね・・、などと長老たちから聴いていた
話など、さながら日本昔話のようだと思っていた。
暖房など今ほどなかった時代の事、歳時記の中にはアカギレやシモヤケなどが季語に並んでいるが、
それらが冬の日常にはあったんだろうな。

P1300017_collage.jpg

P1300014.JPG

一通り見回りの後、戸締りをチャンとして帰る事にしよう。
次に来る頃は、もう春になっているんだろうか。

★ つれづれに一句

  軒先の 英彦山ガラガラ 春を待つ   yamahiko
    ・のきさきの ひこさんがらがら はるをまつ



posted by yamahiko at 21:12| 財蔵坊日記

2019年01月05日

春を待つ

1月5日(土)

・写真をクリックすると、拡大されます。


P1030030.JPG

暖かい日が続きますね。
こんなことだったら手水鉢に張っていた氷も、解けてしまっているんだろうな。

氷も色々あって、上手い具合に落ち葉を閉じ込めていたりすると、ちょっとした冬の風物になり、
これは財蔵坊の庭先のお気に入りのものだ。

P1030035.JPG

P1030007_collage.jpg

P1030001.JPG

P1030005.JPG

今は冬季閉館している、財蔵坊。

それでも気がかりなので時々は見回りに行っているが、まったく火の気もなくピタリと
閉ざす屋敷は鎮まり返り春を待っている。

★ つれづれに一句

  閉ざしある ことの静けさ 冬館   yamahiko
    ・とざしある ことのしずけさ ふゆやかた






posted by yamahiko at 22:11| 財蔵坊日記

2018年12月06日

冬季休館に

12月6日(木)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P6160022[1].jpg

お知らせです。
土・日曜日に公開しておりました財蔵坊は、来年3月15日まで冬季休館といたします。

囲炉裏の火を落とし、灰をならして一年の終わりです。
毎年のことながらこの日を迎えると、英彦山に本当の冬がやって来るんだと思う。


★ つれづれに一句

  昨日 今日似て非なるものや 炉辺しずか   yamahiko
    ・きのうきょう にてひなるものや ろべしずか


PC060005_collage.jpg

PC060002.JPG

昨日から降り続いている雨が止むと、気温は急降下して週末は初雪になるかもしれないと云う。
初雪〜!、ドキドキとワクワクだ。







posted by yamahiko at 20:50| 財蔵坊日記