2019年08月13日

公開しています

   8月13日(火)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P1760046.JPG

いつもは土・日曜日に一般公開している財蔵坊ですが、お盆期間という事もあり
今週中は次の土・日まで開坊しています。

P1760024.JPG

P1760023.JPG

と云ってもこのところの暑さで、参道の人通りも少なく、こういう時は普段できない
作業をするようにしている。
まだ途中になっている薪の片付けだ。
囲炉裏に使う薪の量は年間にするとかなりで、それを常に備えていないと落ち着かない。
切って割って積み上げて乾燥させる。

好い汗をかきました。
後で知ったが英彦山は34℃の暑さを記録したとか、これはニュースでしたね。
今日もお疲れさまでした。

そして夕方、RKBテレビで英彦山の南岳ルート登山が放映されました。

P8120008.JPG

P8120015_collage.jpg

P8120034.JPG

これの撮影は朝7時から午後3時30分までかかり、盛り沢山の内容になっていた。
どうやって編集するなかと思っていたが、史跡あり、植物あり、登山者の表情と
過不足のない構成で、さすがでした。
有り難うございました。
これからも、英彦山を宜しく。








posted by yamahiko at 05:00| 財蔵坊日記

2019年07月06日

戸を開け放ち

7月6日(土)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P1750666.JPG

久し振りに財蔵坊の当番でした。

このところの雨続きで外も坊内も湿り気をタップリ含んでいるような、ジメジメ感満載だ。
毎年この時期はこうなるが、英彦山特有の山霧が濃い事も災いしているようで、とにかく
すべての戸を開け放ち、風を通す。

P1750641.JPG

朝から晴れの予報だったが、昼前になってようやく日が射しこんできた。
梅雨の晴れ間とは、こういうものだろう。

P1750665.JPG

P1750672.JPG

雨に打たれて降り積もった落ち葉を、ひたすら掃き集めては焼く。
この煙は虫除け効果が少しはあるようで、しつこいほどのやぶ蚊がいつの間にか
どこかへ行ってしまう。

蒸し暑さで汗まみれになるが少しは小ざっぱりとなって、やれやれの一日でした。

★ つれづれに一句

  束の間の 日差し惜しみて 梅雨半ば   yamahiko
    ・つかのまの ひざしおしみて つゆなかば


P1750663.JPG

ジメジメが大好きな、キノコ見つけた。









posted by yamahiko at 18:23| 財蔵坊日記

2019年04月28日

連休2日目は

4月28日(日)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P4280014.JPG

連休2日目、参道を行き交う人も増え賑わいを見せている英彦山です。
観光地英彦山ですからこちらは迎える側、今日は久し振りに財蔵坊の当番で
皆さんをご案内していました。


P4280031.JPG


P4280018.JPG

この囲炉裏の火を見ると落ち着くし、これからはここから見る新緑が輝く季節です。

★ つれづれに一句

  絶やしては ならぬ夏炉の 火なりけり   yamahiko
    ・たやしては ならぬなつろの ひなりけり


P4280033.JPG

新緑にスッポリと囲まれている、財蔵坊です。
庭もいつの間にか、初夏の花で彩られている。


P4280045.JPG


P4280024_collage.jpg


P4280025_collage.jpg

前庭も裏もエビネが、今を盛りと競うように咲いている。

P4280022.JPG

ヤマシャクヤク。

P4280037.JPG

ムサシアブミが、今年も元気だな。
見れば見るほど不思議な色形だが、渋い味わいです。

P4280052.JPG

加藤さんのガイドで、ツアーの皆さんの見学も。
坊内を見て戴いたが説明が充分だっただろうか、後で色々反省したりするものです。

今日一日、お疲れさまでした。












posted by yamahiko at 21:15| 財蔵坊日記