2021年02月10日

冴え返る

2月10日(水)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P2090017.JPG

御幣を小さく揺らす、風が冷たい。
冬と春とがせめぎあう頃、急な寒さの戻りを「冴え返る」と云い、この季節の
季語にもなっており、何となく山の空気の乾きや透明感を感じるものです。

★ つれづれに一句

  切り幣の 白き揺らぎも 冴え返る   yamahiko
    ・きりぬさの しろきゆらぎも さえかえる




posted by yamahiko at 22:38| 歳時記

2021年02月03日

春立ちぬ

2月3日(水)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P1800476.JPG

今日は立春ですね。

ようやく寒さのトンネルを抜けたかな、と思わせるような明るい日差しに梅の花が
咲き始めている。


P1800475.JPG


P1800479.JPG


緊急事態宣言が延長されて、まだまだ緊張を強いられる毎日が続くが、立春という
言葉の響きに、少し救われるような気分になる。

★ つれづれに一句

    咲き初めし 花の明るさ 春立ちぬ   yamahiko
    ・ さきそめし はなのあかるさ はるたちぬ






posted by yamahiko at 13:28| 歳時記

2021年01月20日

大寒の朝に

1月20日(水)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P1200006.JPG

今日は大寒ですね。
年間を通じて最も寒さが厳しい頃と云われ、今朝の英彦山は氷点下4℃と、
暦通りの冷え込みになった。

しかも晴れている、こんな日は大霜になりやすく絶好の撮影日和だ。
という訳で英彦山の麓、津野集落のいつもの定点スポットへ。

田んぼ一面が霜に覆われており、そこへようやく朝日が射し込み始めた。

P1200027.JPG

P1200009.JPG

P1200031.JPG

P1200032.JPG

P1200040.JPG

P1200044.JPG

朝日を浴びるとたちまちキラキラの世界になり、この時間の為に寒さも
我慢できるというものです。
今日は日中の気温はグングン上がると云い、これを書いている今頃はもうすっかり
霜は解けていつもの田畑の景色になっているかもしれませんね。

★ つれづれに一句

  大寒の 朝の煌めき なりしかな   yamahiko
   ・だいかんの あさのきらめき なりしかな


ところで、本当は今朝の目的はもう一つ、油木ダムの「けあらし」だった。
氷点下の冷え込みと云い、朝からの日差しと無風だ、今日こそはと張り切っていたが
水位が低く、これではねぇ。

P1200017.JPG

そういえばこのところ雨らしい雨が降らず、この水位では今季は「けあらし」に
遭遇するのは無理かも知れないな。






posted by yamahiko at 11:39| 歳時記