2020年09月12日

水音に

9月12日(土)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P8180005.JPG

このところ、すっかり秋めいてきた英彦山です。
あれだけ賑やかだった蝉時雨もいつの間にか静かになり、今は虫の音が辺りをつつんでいるし、
あの残暑の日々はもう終わったようです。

これで爽やかな秋に突入だ、とはいかないようで秋雨前線というのが近づき、これも季節の
変わり目の事で我慢しなければね。

★ つれづれに一句

  風音に 水音に秋の 深まりを   yamahiko
   ・かざおとに みおとにあきの ふかまりを






posted by yamahiko at 13:12| 歳時記

2020年08月29日

蝉時雨に

     8月29日(土)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P8290005.JPG

朝日が僅かにでも射し込んでくると、もう蝉時雨の大合唱になるこの頃。
その中でも法師蝉の声が、最近は一段と甲高くなってきた。

ツクツクホーシ・ツクツクホーシと聞こえてくるあれで、その鳴き声を聞いていると、
秋の深まりを感じるものです。

P8290006.JPG

急き立てられるような蝉の声。
今日は、残暑とも云えないような暑さになりそうです。

★ つれづれに一句

  毎日を 励め〃と 蝉時雨   yamahiko
   ・まいにちを はげめはげめと せみしぐれ



posted by yamahiko at 09:31| 歳時記

2020年08月12日

今年のお盆は

     8月12日(水)

例年の英彦山はお盆の時期ともなると、街から帰省してきた家族たちでちょっとだけ
人口が増えたような賑わいになるものです。
が、今年は静かなお盆になりそうです。
新型コロナで、故郷へ帰らない・帰れない夏、遠くへ行けない夏になってしまった。

毎年ニュースなどで見る、帰省の混雑。
猛暑の中を人々は乗り物を乗り継ぎ、高速道路をひた走り、ふるさとを目指す。
変わらぬ山河、あたたかく迎えてくれる里の人々、そしてそれぞれが互いの無事を喜び合い、
先祖の霊にまみえるために。

それが、いつもとは違う夏になっている。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P1780678.JPG

P1780688.JPG


それでもお盆の用意には怠りなく、墓掃除を念入りにしたり家毎に準備があり、それも
整いようやく一息つける。
そんな、英彦山のこの頃です。


★ つれづれに一句

  家毎に 盆の用意の 整ひぬ   yamahiko
    ・いえごとに ぼんのよういの ととのいぬ



posted by yamahiko at 15:28| 歳時記