2019年11月18日

繁栄を今に伝えて、中島家住宅

11月18日(月)

紅葉に浮かれてばかりみたいだけども、チャンと勉強もしていますよ。
先日はガイドの研修で、添田町の「中島家住宅(国指定・重文)」の見学会へ。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P1760544.JPG

P1760548.JPG

中島家住宅は、小倉から英彦山に至る街道の宿場町であった、本町地区において櫨蝋
(はぜろう)や酒等の製造販売をおこなっていた商家で、屋号は「綿屋」といいました。

土蔵造、一部二階、切妻造、平入の主屋と、醤油蔵、酒蔵の合計三棟が指定されています。
福岡県下の町屋としては間口が広く、商家であるのに農家に近い平面をもっています。

※櫨蝋(はぜろう)…櫨(はぜ)の実から採取した蝋で作ったロウソクのこと。
               ・添田町役場 ホームページより

現在、保存のための解体修理工事中で、いつもは非公開の内部を見学して担当者より
詳しい説明を受けました(内部の撮影は禁止)。
かつての豪商の屋敷の造りは重厚で部材一つにも風格があり、修理工事が完成の後は
一般公開もされるようで、その時が待たれます。

添田町は解体修理の工程を、ホームページで公開しています。
「中島家だより」
https://www.town.soeda.fukuoka.jp/docs/2019100400014/files/vol1.pdf

P1760539_collage.jpg

中島家住宅の辺りは、その昔は小倉街道として英彦山参拝などで賑わった宿場町の
面影を残しており、いつ来ても整然として静かな通りです。

添田町の歴史を物語る一つのポイントとして、これから発信していかねば、それに
向けての見学会でもありました。
お疲れさまでした。




posted by yamahiko at 21:16| 添田町

2019年01月12日

水面に

1月12日(土)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P1110049.JPG

添田公園の不動池、ここの鴨は人懐こい。
人影に気付くとスイスイと近づいてくる、きっと近所の人が餌をやっていて、何かを貰えると思って
いるんだろうが、あぁ・・手ぶらで来てしまったよ。

日差しの中で、水面も暖かそうだ。

いくら暖かい冬になっているとはいえ、英彦山ではこうはいかないな。
添田まで下りてくると、英彦山との気温差を感じるものです。

P1110048.JPG

★ つれづれに一句

  水脈引ける 水面に四温 明かりかな   yamahiko
    ・みおひける みなもにしおん あかりかな




posted by yamahiko at 20:06| 添田町

2018年12月05日

町長室へ

12月5日(水)

・写真をクリックすると、拡大されます。

PC050004.JPG

今日は褒章受章の報告とお礼、それの伝達式の為添田町役場へ寺西町長をお訪ねしました。
町長室へ入るなどまずもってないことなので、いささか緊張気味です。

暖かい言葉掛けを戴き、有り難うございました。

PC050001.JPG

自然公園指導員の活動は、山中で人目に触れることもなく、称えられることもないような
地味な事柄です。
この度褒章受章のはこびとなり、身に余る光栄に戸惑いつつも素直な喜びであります。
有り難うございます。

★ つれづれに一句

   返礼の 言葉に迷ひ 冬ぬくし   yamahiko
    ・へんれいの ことばにまよい ふゆぬくし






posted by yamahiko at 13:48| 添田町