2019年02月17日

五感いきいき

2月17日(日)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P2160021.JPG


以前から気に掛かっていた、山地図アプリ「YAMAP」を使い始めました。

そのきっかけになったのが、西日本新聞のこの記事。
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/477554/

山の事故では道迷いが一番多いというが、だれでも登山の折にこの道で好いのかな・・、
今自分は山中のどのあたりにいるのか・・、など不安に思ったことはあるだろう。

使い始めての感想は、携帯電波の届かない山奥でも、GPS位置情報と国土地理院の地図に正確に
記され現在位置がわかる。コース確認をしたい時、これからどちらに行っていいいかがはっきり
わかるので、遭難の回避に非常に役立つように思う。
そして、アプリ自体は無料でダウンロードでき、利用したい地図も無料でダウンロードできると
いうのだから有難い。
その日の登山コースを全て記録することが出来、活動時間、移動距離、高低差などのデータも
とれているし、スマホのバッテリーもそれほど消費することなく、日帰り登山では使用前にフル充電
しておけばまるまる1日持つ事もわかった。
機内モードにしておけば、さらにバッテリーの持ちがかなり伸びるという。

その山行記録はユーザー間でアプリ内で共有されているので、自由に閲覧でき山好き同士のゆるい
繋がりもありその遊び心も好い。
ハンドルネームも変えているので、だれにも気づかれないかと思っていたら早速「yamahikoさん、
こんにちは〜」とコメントが来たときはビックリ〜!

便利に楽しく使わせてもらっている。
これから春山のシーズンだ、どこかに行きたくなってきたなぁ。

★ つれづれに一句

  春めひて  五感いきいき 蘇へる   yamahiko
     ・はるめいて ごかんいきいき よみがえる









posted by yamahiko at 05:00| 日々のあれこれ

2019年02月13日

鳥たちにも春が

2月13日(水)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P1740420.JPG

冬の間だけの野鳥の餌台も、そろそろ終わらないといけない時期になってきたような。
これは、餌不足になる真冬だけのことで、芽吹きが始まり土の中から虫たちが出てくる頃
には終了だ。


P1740427.JPG


P1740468.JPG

今年はどうゆう訳かカワラヒワしか餌台に来なかったが、暖冬のせいか積雪も例年に比べると
少なかったし、野山に餌となる木の実などが充分にあったんだろう。
それはそれで好いことだ、自然の力に任せるのが何よりなのだから。

その鳴き声も日毎に甲高い囀りになっているし、敏感に季節の巡りを感じているようだ。


P1740471.JPG

それにしても、野鳥の撮影は難しい〜!。
ちっともじっとしてくれないし・・、それでも一冬楽しませてもらった。

★ つれづれに一句

  囀りの 耳澄ますとき 途切れたる   yamahiko
     ・さえずりの みみすますとき とぎれたる





posted by yamahiko at 22:04| 日々のあれこれ

2019年02月06日

春を迎える花は

  2月6日(水)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P2030004.JPG

どうにか冬越しできた、シクラメン。
去年の褒章授章の折に、祝いで戴いたものです。

温室栽培の花を、英彦山で越冬させるのは難しい。
暖房が効きすぎてはいけないし、朝夕の寒暖差があってもいけない、自然光の温かい部屋で
管理する・・、などそれは無理な話という事だ。
日中暖房が効いている時間と、早朝の部屋の冷え切った温度差の烈しいことと云ったら!

それでも、陽が部屋に差し込む時間に合わせて置き場所を変えたり、気苦労した甲斐があったようで、
色鮮やかなまま春を迎えられた。
地味系の山野草が好みですが、この華やかさもやはり好いものですね。


★ つれづれに一句

  刻を得て 日向に運ぶ 室の花   yamahiko
    ・ときをえて ひなたにはこぶ むろのはな


温室栽培の花を「室の花」・「室咲き」と云い、冬の季語です。
まだ冬と春の季語が、行ったり来たりしていますね。




posted by yamahiko at 20:24| 日々のあれこれ