2020年03月27日

春霞の北岳コースへ

3月27日(金)

このところ北岳コースを登っていなかったので、巡視もあるので行ってみよう。
3月24日の山行記録です、サクラの開花情報を続けたので遅れました。

冬が終わる頃には登山道の岩が崩れたり、何かと不備が起こっていることもあり、
その確認の為もあるが、結論からいうと特別な異常はなかった。
北岳と中岳の鞍部に倒木があったが、それも片付けられていました。
有り難うございます。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P3240009.JPG

登山口の、高住神社。
朝早かったのでひっそりとした境内の中を進み、登り始める。

P3240017.JPG

シオジ林の登山道脇に建つ、「救世安民」の碑。
これは、世を救い民の安寧をたらしめる・・、というほどの意味だろうか、今の
不安なご時世にピッタリの願文のように思う。

P3240024.JPG

この岩場はロープやハシゴ、そして橋も取り付けられたので、楽に行けるようになった。
それでも、慎重によじ登る。


P3240030.JPG

P3240040_collage.jpg

稜線に登り切ると、その後はブナ林の中を進む。
まだまだ山の中は芽吹きは固く、見上げればその枝〃のシルエットが面白い。
ゆっくり歩きで、北岳に到着。

P3240034.JPG

耶馬溪の方を遠望するが、霞んでいるようですね。
春は、こういう空模様が多くなってくる。

★ つれづれに一句

  神々の 山を連ねて 春霞   yamahiko
    ・かみがみの やまをつらねて はるがすみ


P3240047.JPG

このコースでは時々オオアカゲラや、アオゲラのドラミングがコンコンと聞こえて
来ることがあるが、これもその跡なのかな。
それにしても、見事に穴を開けている。

P3240057.JPG

中岳山頂。
少し休憩して、正面コースを下山。

山路の花たち。

P3240061.JPG

ここのはまだ咲き初め、ホソバナコバイモ

P3240005.JPG

ポチポチと、ハルトラノオ。

P3240007.JPG

朝早かったのでまだ開き切っていない、サバノオ。

P3240012.JPG

岩肌には、ツクシショウジョウバカマ。

P3240066.JPG

奥の奥まで、ミツマタの花。


























posted by yamahiko at 22:22| 山行記録

2020年03月24日

岩屋神社のゲンカイツツジへ

3月24日(火)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P3230006.JPG

P3230001_collage.jpg

岩屋神社の、ゲンカイツツジ今が見頃になっています。

好天もあり登山者が多くビックリするやら、見上げては花の盛りに気温上昇もあり、
気分もすっかり上昇。

岩屋公園と云われている岩屋神社を中心としたこの一帯は、その昔は英彦山山伏の
修行場であり、四九窟の内の第三窟として開かれたのが起源でもあります。

P3230010.JPG

落ち椿の路を、登り始める。

P3230014.JPG

P3230015_collage.jpg

岩屋の馬の首根岩と、洞門を潜る。
江戸時代(1834〜1843)年に、岩屋神社の縁起を書き残した岩屋坊良べんが、自ら
手で彫ったものだと云い、そのノミ跡が残されている。

P3230016.JPG

岩屋神社本殿。

その昔、「宝珠石」が岩屋に飛来したという伝承。
宝珠とは、仏教用語で「何でも願いが叶う不思議な宝石」その宝珠石は、ご神体として
岩屋神社に薦に包まれて祀られ、延々と今日まで村人により受け継がれている。

P3230021.JPG

熊野神社。

P3230027.JPG

P3230030_collage.jpg

見晴らし台へと登ってゆくが、この辺りまで来ると日差しも強くなり、これは
初夏の陽気だな。

P1780030.JPG

P1780031.JPG

タムシバの純白が遠目にもよく目立ち、まったく今年は何もかもが一斉に
咲き始めたようで、この谷で初めてタムシバを見たような気がするが。

P3230038.JPG

P3230040.JPG

見晴らし台のゲンカイツツジも、ちょうど咲き揃い今が見頃です。
好いタイミングで来れて好かった。

P3230045.JPG

竹地区の棚田を見下ろす。
奥の奥は切石峠で、やがて英彦山へと連なっている。

ここで小休止をして、下山は大日社経由のコースを行こう。

P3230053.JPG

P3230049_collage.jpg

シュンランが、日差しを浴びて。

P3230055.JPG

英彦山の常連さんやらブロガーさんやらに次々に出逢い、その度に立話やらで
みんなこの陽気に誘われて、だろうなと思う。

花を満喫したコースでした。
お疲れさまでした。



posted by yamahiko at 07:09| 山行記録

2020年03月18日

ゲンカイツツジ巡り

3月18日(水)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P1780010.JPG

3月もこの頃になると、ゲンカイツツジの咲き具合が気になって来る。
サクラも咲き始めたとニュースになったり、春を待っていたように色々の芽吹きや
開花が次々に始まる。

南岳コースの、「玉屋見口」まで行ってみよう。

P3180014.JPG

杉林を抜けて。

P3180015.JPG

P3180029.JPG

智室谷の坊舎跡の石垣を見ながら、緩やかに登ってゆく。
この辺りはいつ来ても静寂そのもので、今日は天気が良く野鳥の甲高い
囀りだけが木立の間から響いてくる。
やがて分岐点に到着、そこから登山道を逸れて小道を進む。

P3180037.JPG

P3180031.JPG

この岩場の小道は登山道でもなければ、生活道でもない、その昔山伏達が
行場から行場へと行き交った、いわば「山伏道」と言える。
智室谷、玉屋谷、四王寺谷など、そして上宮へ通じてもいる。

そしてゲンカイツツジはというと、まだ蕾でした。
もう少しで、咲き始めそうだ。

もう一か所、行くことにしよう。

P3180051.JPG

P3180046.JPG

障子ヶ岳と白岳が眼前に迫る、岩稜です。
ここはまだ蕾も多いながら、濃いピンクの花を咲かせていました。

P1780004.JPG

P1780001.JPG

P3180053.JPG

風がありそれをやり過ごしながら、どうにか撮れて好かった。
この谷はタムシバも白い花を咲かせるが、それはまだまだのようでしたね。
ゲンカイツツジ巡りの、山歩きでした。

お疲れさまでした。












posted by yamahiko at 20:56| 山行記録