2019年10月05日

秋高し、北岳コースへ

10月5日(土)

・写真をクリックすると、拡大されます。

PA050028.JPG

今日は朝からキッパリと晴れ上がったので、北岳コースを登る。

青空の下の登山は久し振りだったが、こういう日は遠望は霞んでしまう事が多く、
北岳山頂の広場からの景色はこんな具合だったが、これも秋の好天ならでは。

PA050018.JPG

PA050034_collage.jpg

気掛かりだった鎖場の崩落地もようやく階段が設置され、標識なども
新しくなっていた。

PA050031.JPG

PA050032.JPG

ブナ林と林床のクマイザサの茂りが日差しに輝き、さて今年の紅葉は
どうだろうかと、気になる季節でもあります。

★ つれづれに一句

  秋高く して霊山の空 蒼し   yamahiko
    ・あきたかく してれいざんの そらあおし

風は涼しく快適なので北岳山頂に到着し、そのまま歩き続ける事にする。

PA050039.JPG

PA050041_collage.jpg

中岳への鞍部はいつものように穏やかな道で、最後の岩場をガシガシと登ると
山頂に到着だ。


PA050054.JPG

山頂の主のような、ブナの木と上宮。

山路の花たち。

PA050007_collage.jpg

ダイモンジソウ。

PA050042.JPG

ツルアリドオシ。

PA050062.JPG

アキチョウジ。

PA050067.JPG

アケボノソウ。





















posted by yamahiko at 22:10| 山行記録

2019年10月02日

中岳山頂へ

      10月2日(水)

台風の影響なのか、朝から曇り空で少々の風もあったが中岳山頂へ。
正面コースを登ることにする。

バイオトイレの掃除当番でもあるし、登山道の工事などがその後、どうなっているか
確認もしたかった。

・写真をクリックすると、拡大されます。

PA020025.JPG

正面コースとバードラインの合流地点からの木段が、新たに設置されていて
これで登山者も歩き易くなるかもしれないが、まだまだ不安定な個所もある。
どちらにしても、山中は下界とは違うので慎重に歩を進めて欲しい。

PA020034.JPG

紅葉も始まっている。
これはシラキだな、毎年これから色鮮やかな紅葉がスタートする。

PA020058_collage.jpg

PA020077_collage.jpg

マユミが紅く熟し、スギヒラタケなどキノコも出ていて、すっかり
秋深し・・の山中になっている。

暑い、暑い、これは残暑というよりも夏が戻って来たみたい。

PA020110.JPG

山頂に到着、誰もいない。
風が強いのでたちまち汗は引いて、時折青空も覗くようになってきた。
工事中だった新しいテーブルセットが設置され、案内板も読みやすくなっている。

バイオトイレの掃除を済ませ、点検記録を記帳して今日の目的は終了だ。
そうこうしている内に、何人かの登山者が到着。

PA020097.JPG

九重の方の遠望は雲が厚く、見えているのは仲摩殿畑山の山並み。
これでは仕方ないな。

PA020103.JPG

下山する前に南岳へ、ここも工事は終わり綺麗サッパリとなっている。

それから下山、その途中から急に晴れ上り下山完了時にはセミが鳴き始めるし
夏のような日差しに、これも山ではよくあることです。
お疲れさまでした。
















posted by yamahiko at 21:59| 山行記録

2019年09月19日

菊地渓谷へ

9月19日(木)

16日に、九重のタデ原湿原を歩いた。

本当は登山の用意もしていたけども、山の方を見上げるとガスっているし、どうも
気乗りがしないな・・、という訳で一路、菊地渓谷へ向かいました。
気持ちを切り替えての行動は、素早いものです。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P9160118.JPG

久し振りの、菊地渓谷散策です。

P9160070.JPG

P9160079.JPG

遊歩道をグルリと周回しても小一時間ほどで、登山靴を履くほどでもない。

右手に渓流を見ながら一番奥の広河原までの歩きは、とにかく人が多く、そういえば
三連休の最終日だったな。
残暑の中、涼を求めてのファミリーやカップルだ。

P1760303_collage.jpg


P9160093_collage.jpg

スズムシバナの紫があちこちに、ハグロソウ、カノツメ、ヤブミョウガなどを
見ながらの平坦歩きは楽な事だ。
常に水音を聴きながらの散策は涼しく、叉これが新鮮でした。


P9160120.JPG

蒼く深い渓流の水音、これにも秋を感じながら。

★ つれづれに一句

  秋水の 蒼き流れで ありしかな   yamahiko
   ・しゅうすいの あおきながれで ありしかな







posted by yamahiko at 20:47| 山行記録