2019年12月06日

玉屋見口まで

12月6日(金)

今日は今季最高の冷え込みだったそうで、朝の外気は1・5℃。
時雨模様で暗い一日になったが、こんなときは山頂付近は霧氷になっていると思い、
とにかく「玉屋見口」まで行ってみることにした。

・写真をクリックすると、拡大されます。

PC060043.JPG


P1760733.JPG

上宮を望む。
予想した通り霧氷が付いているが、やはり暗いな。
青空の下だったら、どんなに輝いている事だろう。


P1760735.JPG

まだ冬は始まったばかりだ、叉来ることにしよう。

★ つれづれに一句

  初冬の 陽の及ばざる 山路かな   yamahiko
    ・はつふゆの ひのおよばざる やまじかな





posted by yamahiko at 20:25| 山行記録

2019年12月04日

初冠雪を期待して、中岳まで

12月4日(水)

・写真をクリックすると、拡大されます。

PC040006.JPG

昨日から今日にかけての冷え込みで、山は初冠雪になっているかもしれないと、
中岳まで正面コースを登ってきました。
行者堂付近からチラホラ僅かな積雪があり、これはと期待したが、結論から云うと
初冠雪と云うには程遠い雪と、霧氷もかすかに付いているだけで少々拍子抜けでした。


PC040001_collage.jpg


PC040020.JPG

山頂のブナには、それなりに霧氷が見られたがこうも暗いとその輝きもありませんね。
常連さん達も何人か登って来たが、冠雪を期待していたようで、皆でガッカリモードに
なり、早々に下山開始する人も。


PC040023.JPG

耶馬溪方面を見下ろして、やはり雲が厚いですね。


PC040027_collage.jpg


暗い、寒い、雪がない、という三重苦のような登山だったけども、冬山レポートの
第一弾になったようです。
お疲れさまでした。






posted by yamahiko at 15:48| 山行記録

2019年11月15日

中岳から北西尾根へ・落ち葉路

11月15日(金)

・写真をクリックすると、拡大されます。

PB130015.JPG

急に寒くなってきましたね。
今までが暖かすぎたのであって、元来のこのシーズンらしい気温と澄んだ空気の張りに、
こういう時はやはり山だ。

もう山の紅葉はピークを過ぎて、落ち葉をカサカサと踏み締めながらの登山は、これは
これで心地よいものです。
それにしても、朝日が眩しい。

PB130012.JPG


PB130004_collage.jpg

バードラインから正面コースへ出て、まだまだ色付きは残っているが、散紅葉の
感触が楽しく、それも好天ならではだろう。


PB130022.JPG


PB130027.JPG

山頂へ近づくほどに葉を落とした樹々となり、ここまで落ち葉の登山道ばかりを
撮ってきたみたい。
「胎蔵の坂」に差し掛かると、上宮はもう近い。


PB130030.JPG

山頂のシンボルとも云えるブナは、すっかり冬支度になり大きく聳えている。

まだ登山者が増えないうちに、今日の目的のバイオトイレの掃除・点検を済ませよう。
そして異常なしを記帳して、終了。
もうこの頃になると、登山者が次々に到着だ、平日だがこのシーズンは人出が多い。

下山は、北西尾根へ。

PB130040_collage.jpg

PB130064.JPG

遠くに北岳や鷹ノ山、犬ヶ岳の稜線を見ながら。
鹿除けネットのポールが、先日の強風の為か何本かが傾いてしまっている。
ここは風当たりが強いからなぁ。

ブナ林もすっかり落葉しているので、随分明るいしもう冬の日差しだ。

PB130071.JPG

スキー場のススキや鮮やかな紅葉林が、樹々の間からよく見える。
麓は今が紅葉の見頃だ。

PB130083.JPG

奉幣殿境内の、ひと際鮮やかな紅葉。
お疲れさまでした。

★ つれづれに一句

  逝く秋を 惜しむ歩となる 山路かな   yamahiko
   ・ゆくあきを おしむほとなる やまじかな


















posted by yamahiko at 22:56| 山行記録