2019年08月21日

霧の中、中岳へ

8月21日(水)

今日は雨の止み間に朝早くから中岳まで登りましたが、朝の内は登山道も霧の中で
とにかく登らねば、という気持ち。
山頂のバイオトイレの掃除当番だったのです。

天候が悪い日まで無理して登らなくてもよさそうにも思うが、皆でローテーションを
組み管理をやっていることです。
いったん規律を甘く考えてしまうと、歯止めがなくなりそう。

久し振りの山でもあるし、これはこれで楽しみました。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P8210009.JPG

正面コースから黙々と登り、山頂に近づくにつれ霧と風が強くなり、そのお陰で
この時期にしては、涼しい登山になりこういう天気もまんざらではないな。

とは言え登山者に逢う事もなく、山頂にも誰もいない。
目的のバイオトイレの掃除と点検を済ませると、もう下山することにしよう。

P8210002_collage.jpg

P8210005.JPG

P8210016.JPG

皮肉なことに、行者堂近くまで下りたら急に晴れ始めて青空だ。
山ではよくあることで、晴れと同時に気温も上がり始めて、降る程の
蝉時雨の中を汗まみれで下山完了。

お疲れさまでした。

山路の花たち。

P8210013.JPG

オトギリソウ。

P8210021_collage.jpg

ゲンノショウコ。

P8210032.JPG

クサアジサイ。

P8210029.JPG

トチバニンジン。

★ つれづれに一句

  秋暑し 憩へば風が ありながら   yamahiko
    ・あきあつし いこえばかぜが ありながら














posted by yamahiko at 21:49| 山行記録

2019年08月03日

快適に、北岳コースを

8月3日(土)

この暑い最中の北岳コースは緑のトンネルを登ることになり、さほどの
苦痛でもなく快適だ。
上手い具合にカッコウも鳴いてくれて、そういえば今年はこの時期までカッコウの声が
聞こえて来るのも珍しく、やはり夏山らしい。

豊前坊を7時過ぎに、出発。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P8020048.JPG

P8020019.JPG

望雲台へも立ち寄り。
イワタバコがもう見頃になっているのを確認して、岩がゴツゴツの登山道を
登って行く。
たちまち汗まみれになるが、登り詰めて稜線にでるまでの辛抱だ。

誰にも逢わないままで、北岳を経て中岳山頂に到着する。


P8020084.JPG

山頂にも誰もいないと思ったら、日陰を求めて休憩所に入っている人がいて
暫く山談義に花を咲かせる。

P1750861.JPG

P8020094.JPG

下山は北西尾根コースへ。
トンボが物凄い数で飛び交っていて、盆近くなると毎年この様子になる。

P8020104.JPG

スキー場は青々と秋への準備中だ。
その後豊前坊駐車場へ戻り下山完了、お疲れさまでした。

山路の花たち。

P1750747.JPG

イワギボウシ。

P8020033.JPG

イワタバコ。

P8020054.JPG

タマガワホトトギス。

P8020060.JPG

ヤマジノホトギス。

P8020082.JPG

シコクママコナ。

P8020049_collage.jpg

オトギリソウなど。

★ つれづれに一句

  山頂を 極めし汗で ありにけり   yamahiko
    ・さんちょうを きわめしあせで ありにけり























posted by yamahiko at 22:01| 山行記録

2019年08月02日

朝の涼しさに

8月2日(金)

近い内に山内の案内をする予定があるので、その下見もあり北岳コースへ。
この暑い最中の事だから、早朝から登る予定だったが結局7時に出発となり
やはりこの時間は涼しいですね。

駐車場の表示は23℃、それよりも更に涼しく感じるのは、木立を吹き抜ける風の
せいかもしれないし、登山口の豊前坊が持つ深い山気・霊気からかも知れない。

写真をクリックすると、拡大されます。

P8020004.JPG

P8020008.JPG

ちょうど朝日が射しこんできた、好い時間ですね。
こんこんと湧き出る御手洗の水でいつものように手を清め、登山開始です。

★ つれづれに一句

  神域の 涼しき朝も 豊前坊   yamahiko
    しんいきの すずしきあさも ぶぜんぼう


今日はここまで、登山レポは只今編集中です。 

  





posted by yamahiko at 21:31| 山行記録