2018年11月04日

登山ツアーのガイドへ

11月4日(日)

・写真をクリックすると、拡大されます。

PB040007.JPG

好天が続きますね。
今日は久しぶりに、熊本県からの登山ツアーのガイドでした。
いつもの史跡ガイドとは違い、安全第一に無事下山してもらう事に気持ちを集中させます。

登山ツアーといえば、以前は関西方面からフェリーで朝一番に門司港に着いて、観光バスで英彦山まで
到着後山に登り、それから夕方のフェリーに乗って帰る、という強硬日程の弾丸ツアーのガイドも
経験している。
どちらにしても、登山ガイドはまず安全第一です。


PB040001_collage.jpg

とは云え、折角の英彦山登山なのだから史跡の解説もやはり聞いてもらいたい。

途中大峰山からの行者さん達と擦れ違う。
こういう事も旅の思い出になってくれたら好い。


PB040015.JPG

山頂の紅葉は終わり、もう初冬を思わせる景色になっているが青空だし、ポカポカ陽気だしね。
ハーイ皆さん、到着した人から記念写真を撮りますよ。

★ つれづれに一句

  何よりも 小春日和りで ありしこと   yamahiko
    ・なによりも こはるびよりで ありしこと


PB040020.JPG

ツアーのお客さんを真ん中にして、ガイドの友枝さんと加藤さんです。

11時登山開始、16時無事に下山完了、皆さんお疲れ様でした。
これからも、英彦山を宜しくお願い致します。

と、これだけでは終わらずに・・。

PB040023.JPG

下山したらスロープカーの取材に来ていたテレビ局の撮影クルーに捕まり(?)、チャッカリと
インタビューを受けてしまった。
番組名も放映日も何も聞いていないことに後で気が付いたが、こういう事もあるよね。








posted by yamahiko at 22:40| ガイド

2018年10月30日

テレビ局の案内で

10月30日(火)

・写真をクリックすると、拡大されます。

PA300056.JPG

またまた今日も、鷹巣原高原へ。
また昨日と同じかぁ〜〜、と思わないでくださいね。
テレビ局の取材の案内なんですよ、旬のネタをしっかり撮影してもらいました。


PA300036.JPG

PA300020_collage.jpg


PA300060.JPG

午後からの撮影で分厚い雲が次々と流れてきて、こういう時は「晴れ待ち」になるから、
そうこうする内に、夕日っぽくなってきた。

園児達が通りかかりよく見ると、以前山登りの折にサポートした幼稚園だったり、フェイスブック用に
撮影に来たというお二人。
そうだよね、ここはインスタ映えするからね。
そして、財蔵坊の見学で何回も来られていた北九州からのご夫妻にもバッタリ逢うし、登山グループの
リーダーさんは、このブログを毎日見てくれていると云うし、あれこれ話をしている内に、もう時間が
過ぎてしまった。

ススキが少し赤く染まって、おぉぉ!好い感じになってきた。
しっかり、撮ってもらいましたよ。

あと何回、ここへ通う事になるんだろう。

★ つれづれに一句

  暮れ惑ふ 日差しに秋の 深まりを   yamahiko
    ・くれまどう ひざしにあきの ふかまりを








posted by yamahiko at 20:16| ガイド

2018年10月28日

トレッキングコース

10月28日(日)

・写真をクリックすると、拡大されます。

PA280016.JPG

英彦山青年の家主催の、「英彦山トレッキング」無事に終わりました。

今回はファミリーでの参加もあり、史跡の解説などは少し控えてもっぱら周囲の植物などの
話を取り混ぜながらのトレッキングになりました。
修復が終わった財蔵坊にも立ち寄って、ここは当番で詰めている藤田さんからの説明を聞く。

PA280017_collage.jpg

PA280018.JPG

PA280004_collage.jpg

リンゴ園にも行ったよ。
子供たちは、ここが一番楽しかったかも。

★ つれづれに一句

   子の声の 溢るる所  色鳥来   yamahiko
     ・このこえの あふるるところ いろどりく

「色鳥・いろどり」は秋の季語、翼の美しい鳥をいうが、楽し気なその場を表わす意味もある。







posted by yamahiko at 22:17| ガイド