2019年08月04日

増了坊の片付け作業へ

8月4日(日)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P8030008.JPG

連日の猛暑、こんな日はさすがの英彦山もそれなりに気温は上がるもので、蝉時雨の
真っ只中、参道沿いの坊舎「増了坊」の庭の片付け作業でした。

参道をよく行き来している人は、あぁあそこだな・・と分かるかも知れない。
増了坊は修験道時代には、亀石坊・政所坊と並ぶ英彦山の「三大坊」と称された大坊で
あったが今は空き家になって久しい。
荒れるに任せるのは忍びなく、時々集まってはこうやって手入れを重ねており、今回は
庭木の剪定をして、随分風通しも良くなりサッパリとしたものです。


P8030007.JPG

P8030004.JPG

P8030019.JPG

一時は枯れかけていた、ハギの花も蘇り始めている。
英彦山門前町同好会、ガイドの会の皆さん、お疲れさまでした。

そして午後からは、松養坊で歴史講座。

P8030003.JPG

講師に、九州外国語学院講師・香蘭女子短期大学非常勤講師の山口正博先生を
お迎えして、「英彦山と英彦山六峰の松会」を語って戴く。
始めて聞く人には難解なテーマだったかも知れないが、これも英彦山を深く知るための
貴重な座学です。

有り難うございました。













posted by yamahiko at 15:42| ガイド

2019年06月25日

コース下見へ

6月25日(火)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P6240003.JPG


英彦山門前町同好会、企画・主催
〜〜〜〜宿坊体験・修行めぐり〜〜〜〜

添田町ガイドの会は、その修行窟巡りのご案内役を担当することになり、先日はその
コース下見へ。
いつも行っているようなコースでも、ガイドとして案内するとなると、改めて
確認しておかないと安心できないものです。

P6240001.JPG

双戸窟、平家落人伝説も伝わり、最近は立ち寄る登山者も増えている。

P6240012.JPG

大河辺窟。

P6240029.JPG

P6240047.JPG

P6240006_collage.jpg

智室谷の石垣は、かつての坊舎跡です。

ヤマアジサイも見頃で、当日は参加の皆さんにも見てもらえたら好い。
英彦山は史跡ばかりではない、季節の花も見どころだ。

P6240036.JPG

P6240042.JPG

今熊野窟、摩崖仏まで鎖伝いに登る。

皆でコースの確認やら、予定していた内容の手直しなど話し合い、気が付けば
夕方近くになっていて、お疲れさまでした。
当日までには準備を怠りなく、ですね。

★ つれづれに一句

   霊山の 万緑の路 案内せむ  yamahiko
    ・れいざんの ばんりょくのみち あないせん










posted by yamahiko at 21:07| ガイド

2019年06月16日

定例会議へ

6月16日(日)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P6160003.JPG

今日はガイドの会の、定例会議へ。
会議と云っても重要な議題があるわけでもないが、5月に行った史跡巡りの反省やら
それを参考にして、秋に予定しているイベントの練り直しなど、皆で話し出すとキリも
なくなる。

これからの活動予定の確認や、会員の希望や、こうやって集まり意思疎通を図ることが
何よりの目的でもあります。

今日は、お知らせがあります。
「英彦山花園」の企画で、「初夏のアジサイ・ラベンダー体験イベント」
詳細は、観光ナビからどうぞ
www.soeda-kankou.com/

もうじき英彦山の、アジサイやラベンダーの彩りが始まります。




posted by yamahiko at 22:20| ガイド