2021年01月28日

添田町役場へ

1月28日(木)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P1280006.JPG

久し振りに、添田町役場へ。
やはりコロナ禍の事で、入り口には自動検温器が設置され消毒薬も置かれて万全の
体制になっている。

で、今日の目的は春も近くなり、新年度のガイドとしてのイベントなどの方向性を
見当するもので、役場職員や観光協会などと協議した。
長い冬眠から、覚めるような思いですね。

まだ検討中でここまでしか云えないのが残念ですが、決まったら真っ先にここで
お知らせしましょうね。
それもこれも、今のコロナ問題が治まらない事にはね。

英彦山に集いましょう、英彦山に集合〜、と云える日が近いことを願うのみです。

P1280001.JPG

梅も咲き始めたよ。

★ つれづれに一句

  春めいて 五感いきいき 蘇る   yamahiko
   ・はるめいて ごかんいきいき よみがえる




  

posted by yamahiko at 19:55| ガイド

2020年12月05日

増了坊の大掃除へ

12月5日(土)

12月というのは何となく気忙しく、今年最後の○○・・というのが増えてきて、それが
一層日毎に追われているような気分になる。

今日は参道筋にある「増了坊」の大掃除へ。
これは、「英彦山門前町同好会」が主催であり、私たちガイドの会はそれに賛同しての
手伝いで、こういう作業は少しでも人手が多い方がはかどるものです。

・写真をクリックすると、拡大されます。

PC050025.JPG

PC050012_collage.jpg

PC050015.JPG

増了坊は修験道時代には、亀石坊・政所坊と並ぶ英彦山の「三大坊」と称された大坊であり
約300年英彦山を援助した鍋島藩の宿坊でもあった。
その石垣も見どころで、自然石の石積みに「太閤石」を配し、門口には一本の「立て石」を
使い美観を整え風格をもたせている。

歳月を経て空き家になって久しいが、時々の手入れを欠かさないようにしている。
今日は今年最後の掃除で、主に庭先と参道の落ち葉掃きとその片付けを丁寧に、これで
年の瀬へ向かい綺麗サッパリです。

皆さんお疲れ様でした。

★ つれづれに一句

  掃き寄せし ものに冬陽の 濃かりけり   yamahiko
    ・はきよせし ものにふゆびの こかりけり





  

  

  


posted by yamahiko at 22:02| ガイド

2020年11月27日

国東半島へ研修会

    11月27日(金)

・写真をクリックすると、拡大されます。

PB260005.JPG

毎年行っているガイドの会の研修、今年は国東半島の古刹巡りと決定。

国東半島と云えば、六郷満山と云われる仏教文化が花開き、その史跡や古寺、仏塔などが
点在している。
半島の両子山山麓に広がる6つの郷「六郷」に築かれた寺院群の総称であり、古くから
山岳信仰と宇佐神宮を中心とし、天台宗系の修験と融合した独特な信仰が栄えた地でもある。

これは是非行かねば・勉強させていただこう、地元ガイドの山本さんの丁寧な案内を聞きながら
貴重な時間を過ごしました。

PB260004.JPG

PB260007.JPG

鬼が一夜で築いた階段を上り、優しく微笑んでいるかの如く迎える熊野磨崖仏。
奥の院へも登りました、どことなく英彦山にも通じる空気を感じる。


PB260011.JPG

国東を歩けば、石塔・石仏、そして国東塔などと、石造り文化に足を止める事になる。


PB260019.JPG

PB260025.JPG

かつて宇佐神宮の荘園であった「田染荘(たしぶのしょう)」
この地は国の重要文化的景観にも指定され、美しい田園風景が広がる。


PB260027.JPG

PB260034.JPG

PB260030_collage.jpg

富貴寺は、六郷満山の中で満山を統括した西叡山高山寺の末寺であり、阿弥陀堂前の
イチョウは散り尽くしていたが、古刹ならではの味わい深さにしばし瞑目。


PB260042.JPG

PB260047_collage.jpg

両子寺は、六郷満山の修行の中心地として栄え、総持院として満山を統括する立場にあった。
山門に続く石段の両脇には、江戸後期の作とされる国東半島最大級の石造の仁王像が立つ。

それにしても、観光客の多い事と云ったら。


PB260052.JPG

PB260054.JPG

天念寺は、六郷満山の僧侶達の修行場として拓かれて以降歴史を刻み、「修正鬼会」が
行われる寺院として知られている。
境内の前を流れる長岩屋川の中に佇む巨岩に彫られた磨崖仏は、「川中不動」の名で
親しまれている。

ガイドの山本さんは英彦山登山にもよく来られていて、何年か前には窟巡りにも
ご案内したことがあり、久し振りの再会だった。
この日は丁寧でいて精力的な解説と案内で、すっかりお世話になりました。
有り難うございました。

★ つれづれに一句

  麗らかに 古寺巡礼の 歩みかな   yamahiko
   ・うららかに こじじゅんれいの あゆみかな







posted by yamahiko at 19:59| ガイド