2020年08月04日

智室窟へ

8月4日(火)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P8040003.JPG

7月の九州豪雨の被害なのか、山内の智室窟に土砂が流れ込んでいるという情報が
入ったので、今朝確認へ行ってきました。

朝日が射し込む、智室谷です。
智室谷は古くは山伏の集落がつくられた所で、周りを見渡すとその昔山伏達が、
住んでいたであろう坊の石垣が整然と残されている。
坊の跡地には杉が植林され影を作り、昔の面影はこれらの石垣だけにうかがえるのみ。

ここからしばらく歩くと、智室窟への石段が見える。

P8040008.JPG

P8040044.JPG

P8040041.JPG

細い石段を登るにつれて、ガレ場状態になっており慎重に足元を確かめながら進む。
さて、智室窟に到着です。


P8040013.JPG

P8040037.JPG

P8040012.JPG

P8040016.JPG

聞いていた通りに正面右側の岩場の間から、土砂が押し寄せたようで大岩や瓦礫が
なだれ込んでいる。
見上げる、と辛うじて留まっている岩の重なりもあるようで、如何に大雨が降り続いたかが、
よく分かるというものです。


P8040019.JPG

この窟の特徴とも云える、整然と立ち並ぶ「板碑」などは無事の様子です。

窟とは山伏の修行の場を言い、英彦山の内・外に四十九あると言われ、鎌倉時代に編纂された
「彦山流記」に、この四十九窟が記されています。
特にここ智室窟は当時の様子をよく残しており、その昔の堂宇などの建築物の跡と思われる
礎石なども見てとれます。

この現状は、関係機関に報告しなければ。
そして、ここを訪れる方は途中の道も悪いのでくれぐれもご注意を。


P1780737.JPG

P1780730.JPG

イワタバコの群生が、ここにも。

お疲れさまでした。





posted by yamahiko at 16:04| ガイド