2018年12月25日

冬晴れの中を・中岳へ

12月25日(火)

・写真をクリックすると、拡大されます。

PC250003.JPG

今朝は氷点下1℃の冷え込みだったし、もう今年最後かもと思うほどの好天になった。
こんな時は、山頂付近は霧氷かな・・?

という訳で、中岳まで登ってきました。
登る程に大気はカラりとしていて残念ながら霧氷はなかったが、遥かに雲仙岳がくっきりだ。
登山道の途中のスポットからも、こんなに見えるのは年間でも何度あるだろうか。

P1740114.JPG

アップにしてみました。

これは好い日に登って来たと、ちょっと寄り道をしたり遊びながらの登山になりましたが、気温は
少しづつ上がり、山頂到着時は3℃で暖かな山日和だ。

P1740119.JPG

九重方面、手前の台形は万年山です。

P1740121.JPG

根子岳、高岳の稜線、薄く雲海が棚引いて好い感じだな。

PC250010.JPG

由布岳、新年の初日の出はあの方向から昇って来る。

休憩所では久し振りに逢った人たちと山の情報交換などなど、休憩所の掃除をしている内に
昼前になってしまった。
そして今日の目的の一つ、バイオトイレの掃除と異常なしを連絡帳に記帳して終了。

バイオトイレの管理は積雪が多くなるこれからの厳冬期が大変だ、無事に春を迎えられるようにと
願わずにはいられない、それもこれも使用者の皆さんのマナー順守に掛かっています。
宜しくお願いします。

北西尾根を、下山しよう。

PC250018.JPG

PC250013.JPG

どこまでも大きく、澄み渡った景色の中を帰ろう。

PC240023.JPG

冬枯れの中で、冬イチゴの赤。

★ つれづれに一句

  登り来て 冬の霊気に 触るる山   yamahiko
    ・のぼりきて ふゆのれいきに ふるるやま





posted by yamahiko at 22:40| 山行記録