2018年11月26日

山の恵み、キノコ

11月26日(月)

・写真をクリックすると、拡大されます。

PB250006.JPG

山採りの、ナメコを貰った。
毎年この時期になるとキノコ狩りに山に入っているのだが、いち早く貰ってしまい、遅れをとったなぁ。
でもね、キノコ狩りのことはブログには載せません、真似をされると危ないですからね。
私も2・3種類の分かっているキノコしか手を出さない、注意の上にも注意がキノコ道(?)です。


PB250007.JPG


このナメコ、スーパーなどで売られているものとは様子が違うでしょう?
土や葉っぱや苔なども付いていて、まず綺麗に水洗いから始める手間ひまが大変ですが、香りも
歯ごたえもまったく違う。
まぁ、ナメコ汁で楽しみます。
Ⅿさん、有り難うね〜。

ナメコ汁で食べ物続きになりますが、新米が美味しい季節ですね。
先週の23日は、平成最後の新嘗祭でした。

新嘗祭は秋の収穫祭のこと。
五穀豊穣を祈り、またその年の収穫を感謝するもので、飛鳥時代から始まったとされています。
日本は農業国であり、新嘗祭は宮中祭祀の中で最も重んじられてきました。
天皇陛下の稲作、皇后陛下の養蚕といわれ、テレビなどで放映されたりしていますが、どちらも
自然からの恵みであり、日本を土壌から守り育ててきたものです。

陽を浴びる豊かな恵み、それを育む水、その源である「山」にも感謝ですね。


★ つれづれに一句

  冬の陽の 真っ只中の 山に棲む    yamahiko
    ・ふゆのひの まっただなかの やまにすむ







posted by yamahiko at 19:53| 歳時記