2022年10月23日

英彦山青年の家へ、出前講座

10月23日(日)

・写真をクリックすると、拡大されます。

PA230003.JPG

今日はガイドメンバー5名で英彦山青年の家へお邪魔して、「英彦山がらがら」絵付け体験の
出前講座を頑張りました。

集まった小学生を前にして、まずは英彦山の歴史を分かり易く説明をし、「英彦山がらがら」の
そもそもの由来をお話しします。

PA230014.JPG

PA230005.JPG


「英彦山がらがら」は「日本最古の土鈴」と言われ、その始まりは約800年前に遡ります。
日照りがに続いたとき、時の天皇である文武天皇が降水を願って英彦山に使者を送り、
鈴を奉納したのがその由来と伝えられています。

今は英彦山周辺の地域に根付いたお守りとして、また英彦山の参拝者のお土産として
親しまれている。
家の魔除けとして、玄関に掲げてあるのを見掛けたりもする。

PA230009.JPG

PA230011.JPG

これを手に取り振ってみるとガラガラと素朴な音色がして、手作りなのでそれぞれ
音色が違うところも愛嬌の一つだ。
赤が「太陽」、青が「水」という意味があり、五穀豊穣への祈りが込められている。

さぁ、みんな手先に集中して上手に出来ただろうか。
故郷に伝わる「英彦山がらがら」、これからもみんなで伝えて欲しいなと思う。

お疲れさまでした。

★ つれづれに一句

  守り継ぎ 伝えたき事 秋高し   yamahiko
    ・まもりつぎ つたえたきこと あきたかし

  〜〜〜 撮影・ブログ掲載の許可を頂いています。〜〜〜










posted by yamahiko at 15:05| ガイド