2021年09月16日

西日本新聞・英彦山花ごよみ、オタカラコウ

9月16日(木)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P9160001.JPG

西日本新聞のシリーズ「英彦山花ごよみ」、9月の花はオタカラコウです。

秋草が盛んに色々な花色を見せる中で、この黄色はひと際鮮やかで思わず
足を止めてしまう。
山中の谷間で大群落になっていた時期もあった。
その後鹿の食害ですっかり消滅したかと思っていたが、このところ又復活しているようです。

P9070012.JPG

P9070010.JPG

山にマツカゼソウが揺れホトトギスが咲き始める頃に、このオタカラコウが
咲き始めると秋も本番だ。

渓流沿いなど湿り気を好む花で、水音がするところを覗き込むと出逢いが
あるかもしれない。

★ つれづれに一句

  流れ来る 水の響きも 秋のもの   yamahiko
    ・ながれくる みずのひびきも あきのもの





posted by yamahiko at 14:00| メディア

2021年09月09日

鷹巣原高原、花ススキ

9月9日(木)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P8300017.JPG

鷹巣原高原のススキの穂も立ち上がり、いよいよ英彦山の秋本番です。
まだ初々しい穂先で、この時期は「花ススキ」とも云われますね。

足元をみれば、小さいながらも賑やかな秋草たちも。

P8300021.JPG

P9010004.JPG

P8300027.JPG

薬草としてもお馴染みの、ゲンノショウコ。

P9010007.JPG

ツユクサの濃い藍色には、思わず足を止めてしまう。

昨日と今日、ただそれだけでも秋の深まりを感じる英彦山のこの頃です。


★ つれづれに一句

  昨日今日 似て非なるものや 秋深む    yamahiko
    ・きのうきょう にてひなるものや あきふかむ






posted by yamahiko at 14:15| 植物・秋