2020年10月31日

紅葉の案内へ

    10月31日(土)

いよいよ見頃になってきた英彦山の紅葉、昨日は新聞社の案内でそのスポットを
巡ってきました。

・写真をクリックすると、拡大されます。

PA300001.JPG

PA300013.JPG

P1790047.JPG

豊前坊駐車場。

PA300014.JPG

PA300032.JPG

PA300022.JPG

鷹巣原高原。

PA300049.JPG

PA300052.JPG

PA300056.JPG

銅鳥居周辺。


そして、今日の朝刊に掲載して戴きました。

PA310008.JPG

              (西日本新聞・朝刊より)

有り難うございました。




posted by yamahiko at 07:59| メディア

2020年10月30日

花見ヶ岩から、里の紅葉

  10月30日(金)

・写真をクリックすると、拡大されます。

PA300042.JPG

英彦山の里まで、下りてきた紅葉。
10月もそろそろ終わりに近づき、こうやって見ると深まる秋そのものです。

蝉時雨の暑い夏を過ごし、吹く風に季節の進みを感じる頃に虫すだく秋の気配、その
虫の音もいつしか細くなり、やがて山々が錦秋に染まる頃になってきた。


PA300037.JPG

PA300045.JPG

11月になると、もう立冬が近づいてくる。

これからは朝夕の冷え込みと、足早の紅葉の色付きに気忙しくもあり、里中が湧き立つような
そんな季節到来の英彦山です。

★ つれづれに一句

  ゆくりなく 里の紅葉と なりにけり   yamahiko
    ・ゆくりなく さとのもみじと なりにけり








posted by yamahiko at 20:45| 紅葉情報

2020年10月28日

里の紅葉も始まり

10月28日(水)

英彦山が、紅葉まみれになりそう。
そろそろ、里の色付きも始まっていますよ。

・写真をクリックすると、拡大されます。

PA270003.JPG

PA270011.JPG

P1790007.JPG

豊前坊駐車場、もう紅葉狩りの人出になっていた。
逆光気味で上手く撮れなかったな、次は朝日が射し込む時間を見計らって行こう。


PA270038.JPG

PA270035.JPG

PA270040.JPG

北西尾根や、周囲の林の色付きが始まっている。
紅葉と、銀色に輝くススキとのコラボだ。


PA270048.JPG

PA270041.JPG

PA270045.JPG

銅鳥居と参道周辺、大銀杏が黄色に染まり始め、参道の紅葉を引き立てる。
ゆっくり散策しよう。

そして、夕方のNHKテレビ「まりあの暮らしと天気」のコーナーで、南岳山頂近くの
紅葉状況を放映して戴きました。


PA280004.JPG

PA280005.JPG

PA280007.JPG

何よりも嬉しい、有り難うございました。

★ つれづれに一句

  霊山を 輝くほどに 紅葉濃し   yamahiko
    ・れいざんを かがやくほどに もみじこし




posted by yamahiko at 19:39| 紅葉情報

2020年10月27日

もう見頃に、南岳コース鎖場から正面コースへ

    10月27日(火)

南岳コースの紅葉登山昨日からの続きで、稜線に上がり鎖場を経て上宮を目指します。
尾根筋の谷間はもう見頃と云っても好い色付きで、どこに眼をやっても紅葉が眩しく、
いつもは人が少ないこのコースも、さすがの賑わいでしたね。

余分な説明は不要ですね、一言コメントで参りましょう。

・写真をクリックすると、拡大されます。

PA260044.JPG

PA260047.JPG

P1780990.JPG

見惚れてしまって、あぁ足が進まない。

PA260046_collage.jpg

PA260053.JPG

鎖場の途中で、いつものように大休止しよう。
岳滅鬼山方面の稜線が連なっている、大分県との県境だ。

PA260062.JPG

上宮が見えて来た、早くもブナの落葉が始まっているような。

PA260073.JPG

南岳斜面の色付き、鮮やかだな。

これから、正面コースの下山です。

PA260084.JPG

PA260074_collage.jpg

紅葉日和りに感謝です。

PA260090.JPG

PA260095.JPG

千本杉付近。
少しづつ紅葉は山頂から降り始めているようで、やがて里の方へ。

お疲れ様でした。

posted by yamahiko at 09:33| 紅葉情報

2020年10月26日

もう見頃に、南岳コースへ

10月26日(月)

今日は、南岳コースの紅葉状況です。
材木石付近から色付きは始まっており、稜線上の鎖場付近の谷間や山頂付近は、ほぼ見頃で
これ以上はないと思う青空の下、紅葉まみれになりながらの登山になりました。

途中「玉屋見口」にも立ち寄り錦秋に染まる上宮を仰ぎ、やはり英彦山の紅葉は
特別だなぁ、などと感嘆の声を挙げたりはしゃぎながらの山路でした。

余分な説明は不要ですね、一言コメントで参ります。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P1780976.JPG


PA260010.JPG

玉屋見口より、南岳と共に遥かに中岳上宮を仰ぐ。


PA260003.JPG

PA260015.JPG

正面コースの稜線、


PA260029.JPG

こんな岩場をしっかり踏みしめて、登山道へ戻り南岳を目指そう。

PA260037.JPG

PA260038.JPG

PA260040.JPG

南岳への急登を登り紅葉スポットの材木石付近、予想以上に色付きはもう始まっており、
やはり今年は例年に比べるとスピードが速いようです。

★ つれづれに一句

  思はざる 紅葉の色に 出逢ひけり   yamahiko
    ・おもわざる もみじのいろに であいけり

写真の整理がまだできていないので、今日はここまでとして明日へ続きます。






posted by yamahiko at 19:59| 紅葉情報