2020年09月02日

草千里へ

9月2日(水)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P8310001.JPG

P8310005.JPG

吹く風に秋を感じる頃になると、阿蘇を目指したくなるもので、先日は草千里周辺を
歩いてきました。
中岳の噴煙は少し治まっているようで、空の雲と区別が出来ないほどですね。

草千里の池は今は夏枯れですが、雨後ともなると水を湛えてここの象徴のような景色になる。
そしてこの池は、英彦山の歴史の伝承地として登場しているのです。

話はこうだ。
1213年の奥書きを持つ、「彦山流記」によると・・・。
まだ彦山と称されていた草創期の頃、木練上人という修行者がいた。
英彦山の玉屋窟(現玉屋神社)で千日修行した後、九州の山々を歩き、阿蘇に至ったという。

阿蘇に着くと、そこには「八功徳水の池」が、美しく澄んでいた。
木練はそこで荒行を重ね、ある時は捨てきれぬ煩悩に苦しみながら、阿蘇山の仏である「十一面観音」を
体得して、悟りの境地に至ったそうな。

木練上人が修行した「八功徳水」の池が、現在の草千里の池であろうと言われています。

今も昔も変わらず噴煙を上げる阿蘇山は、荒行の場として語られるのに、適していたのかも知れない。
そして当時の英彦山は、信仰の山として発展を遂げていた頃で、窟修行などが盛んになり、その代表各
として木練上人の伝承が挙げられたのだろう。

★ つれづれに一句

  語り継ぐ 峰を遥かに 風は秋   yamahiko
   ・かたりつぐ みねをはるかに かぜはあき



P8310017.JPG

P1780809.JPG

P8310031.JPG

さてここから九重の方へグルリと廻り、初秋の一日を遊びました。



posted by yamahiko at 14:59| 史跡ご案内