2019年08月11日

参道駆け上がり大会

8月11日(日)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P8110002.JPG
         今朝の西日本新聞より

毎月連載の「英彦山 花ごよみ」、8月はイワタバコが紹介されています。
英彦山ではこの花が今が見頃を迎えており、登山道ではちょっと岩場を
見上げてみよう。

そして今日は、「第4回英彦山参道駆け上がり大会」が猛暑・酷暑の中
決行されました。
英彦山神宮奉幣殿の再建400年と山の日制定を記念して始まった大会で、英彦山神宮の
参道を駆け上がるレースです。

テレビ局の撮影もあり、年々参加者は増えていて盛況になっている。

P8110017.JPG

P8110022.JPG

P8110011.JPG

P8110014_collage.jpg

P8110024_collage.jpg

P8110028.JPG

英彦山は夏でも涼しいとはいえ、連日のように30℃越えになっており、その中の
レースとは、暑くて熱い一日になりました。

★ つれづれに一句

  荒燈を 走り抜けたる 汗なりし   yamahiko
     ・あらとうを はしりぬけたる あせなりし






                 



posted by yamahiko at 15:14| 日々のあれこれ

2019年08月10日

南岳コースを、テレビ局の案内で

8月10日(土)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P8100009.JPG

今日はテレビ局の撮影の案内で、南岳コースへ。
暑さは覚悟しているとはいえ、少しでも涼しい内に登り始めたいので、銅鳥居に
7時集合して、さぁ出発だ。

このコースの見どころ、英彦山らしい魅力紹介ということで、そう聞けば張り切りたく
なるが、ピックアップして案内することにしよう。
撮影しながら機材も持って・・・、撮影クルーの体力を心配したがそれはさすがに
テレビマンのことで楽々と進み、大南神社から鬼杉に到着だ。

P8100016.JPG

P8100013_collage.jpg

ここではゆっくり、まずは鬼杉の樹齢を重ねた荘厳さと、その古木ぶりを
撮って欲しい。
丁度来合せた登山者へのインタビューも、熱心だ。

これから尾根へ登り詰めるが、その荒い石段は直登に近いので、汗まみれで
ここは辛抱のしどころだ。
鎖場も難なく登ると、そろそろ中岳山頂は近くなってくる。

P8100030.JPG

由布岳を遠望。

P8100033.JPG

九重連山を遥かに。

P8100035.JPG

仲摩殿畑山と手前に刈叉山。
今日は大気が澄んでいるようで、遠くまで見えている。

★ つれづれに一句

  見晴るかす 青き峰々 秋気澄む   yamahiko
     ・みはるかす あおきみねみね しゅうきすむ


P8100025_collage.jpg

P8100042.JPG

中岳上宮が見えて来た。

この後撮影やら登山者へのインタビューを重ねて、正面コースを下山。
下山完了は4時近くになっていた、お疲れさまでした。

山のガイドは疲れるけども、これが叉英彦山のアピールになればと思う。














posted by yamahiko at 23:04| ガイド

2019年08月09日

空蝉・うつせみ

8月9日(金)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P8090002.JPG

朝から降るような蝉時雨、それが盛んになる頃蝉のヌケガラをよく見る。
大体脱皮したその姿そのままで、葉っぱや木の幹にしがみついているが、その
透明感に見入ってしまうし、まだ力が残っていそうにも見える。

季語にもなっていて「空蝉・うつせみ」と云い、この響きが何とも情緒があり、この
季節になるといつも同じ柿の木を探してしまう。
よほどこの木が都合よいのか、今年も見つけた。

★ つれづれに一句

  空蝉の 薄さ軽さを 愛しめり   yamahiko
     ・うつせみの うすさかるさを いとしめり



posted by yamahiko at 20:13| 日々のあれこれ

2019年08月08日

今日は立秋

8月8日(木)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P8070053.JPG

今日は立秋、暦の上ではもう秋という事になります。
日中の暑さは変わらず、降る程の蝉時雨は相変わらずだけども、植物たちは
秋へと衣替えし始めているし、白雲の棚引きにも季節の進みを見て取れる。

山の夏は短い。
これから盆を迎え、それも終わる頃秋は足早にやってくる。

★ つれづれに一句

   昨日今日 似て非なるものや 秋立ちぬ   yamahiko
      ・きのうきょう にてひなるものや あきたちぬ



posted by yamahiko at 23:21| 今日の空

2019年08月07日

夕立ちの後は

8月7日(水)

最近は台風一過という空模様にはならないようで、今日も朝から雲が多く
蒸し暑かった。
それがピークになった夕方からは、突然の雨と雷鳴が鳴り響いた。
この夏初の、夕立ちですね。

そして何より、夕立の後の空はドラマチックだ。
久し振りに、花見ヶ岩へ行ってみよう。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P8070064.JPG


P8070071.JPG

雲が多いがそれ故に、夕映えが冴えわたっているし、棚引く雲海も
紅く染まっている。

P1750976.JPG


P1750977.JPG

日輪を大きく、これは一眼レフで。
やはり、太陽は偉大で神秘だ。


P8070066.JPG

田川の方も、まだ昼間の余熱が残っているような夕景だ。


P8070076.JPG

障子ヶ岳の上には、月だ。
いつの間にか7時を過ぎてしまった、そろそろ帰ろうか。

★ つれづれに一句

  夕立の 後の雲なり 空なりし   yamahiko
    ・ゆうだちの あとのくもなり そらなりし









posted by yamahiko at 22:32| 今日の空