2019年07月12日

暮らしの灯

7月12日(金)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P7050002_1.JPG

空が赤く染まる頃、街灯がポツリと灯り英彦山の里に夜がやって来る。

★ つれづれに一句

   夕焼けの 里に暮らしの 灯がともる   yamahiko
    ・ゆうやけの さとにくらしの ひがともる


一日の終わりの空を仰いでいる時、もうヒグラシの声を聞いた。
英彦山の人たちは、ヒグラシが鳴き始めると梅雨明けが近いと云う。

蝉の声で梅雨明けの兆しを感じるなど、四季の移ろいの真っ只中で暮らしている
英彦山の里らしいな、と思う。



posted by yamahiko at 21:44| 今日の空