2019年07月31日

英彦山神宮の、茅の輪くぐりへ

     7月31日(水)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P7310041.JPG


早いものでもう7月は終わり、明日から猛暑の8月へと季節は進みます。

猛暑へと進む中で、今日は英彦山神宮の「茅の輪くぐり」でした。
暑い夏を乗り切り、残る半年の無病息災を祈願し、茅の輪を潜るのだ。

夏越祭とも云われ年中行事の一つであり、しつらえられたまだ青い茅の輪を
潜るのは、新鮮な気持ちになるものです。

P7310017.JPG

P7310002_collage.jpg

P7310017_collage.jpg

P7310025.JPG

P7310035.JPG

P7310047.JPG

茅の輪に付けられた紅白の人型が、山風に揺れている。

★ つれづれに一句

  ゆくりなく 茅の輪くぐりの 列につく   yamahiko
    ・ゆくりなく ちのわくぐりの れつにつく


P7310061.JPG

夏雲の、変幻自在を見上げて。







posted by yamahiko at 22:29| 歳時記

2019年07月30日

深き緑の

7月30日(火)

この暑い最中に今日は朝から、財蔵坊の片付けやらでガイドメンバーは集合。
裏庭に中途半端に転がっているままになっていた薪を割り、きちんと積み上げて、
障子も張り継ぎをして、とにかく清々しく掃除デーだ。

やり始めるとキリもないが、とにかく汗まみれの作業は昼前に終了した。
こういう時はカメラを持っている場合ではないので、その写真はないんですけどね。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P7300017.JPG

P7300009.JPG

午後から亀石坊庭園へ。
この涼を呼ぶ深い緑とそれを映す池の水鏡、夏こそ見て欲しい英彦山の庭園美です。
何かが跳ねたのか、静かに水輪がさざ波をつくる。
木立を抜ける風が涼しく、ここは暫し暑さを忘れる空間だ。

★ つれづれに一句

  涼しさは 深き緑の 水面より   yamahiko
    ・すずしさは ふかきみどりの みなもより








posted by yamahiko at 21:53| 日々のあれこれ

2019年07月29日

雨の後は

7月29日(月)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P1750713.JPG

★ つれづれに一句

  雨音の 後の涼しき 鎮けさに   yamahiko
    ・あまおとの あとのすずしき しずけさに


今日の雨は予報通りだったとはいえ、遠くで雷鳴も聞こえてさぞや大雨に
なるかと思えたが、意外なほどにひと降りで終わった。

それでも雨は気温を下げてくれるようで、その後の涼しさに辺りは鎮まる。

P1750712.JPG

P7290010.JPG

このところの暑さも、暑さ疲れもひとまず治まったような一日でした。






posted by yamahiko at 22:39| 日々のあれこれ

2019年07月28日

イワタバコ

7月28日(日)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P7270013.JPG

梅雨明けしていきなりの夏日、というよりも猛暑日が続き、英彦山でも
日中は30℃越えになっている。
以前は30℃越えともなると、チョットしたニュースだったが、いつの間にか
それにも慣れてしまっている。

それでも体感気温はそれよりも低く感じるし、これだけ緑濃い中だと吹く風は
涼しく、暑い 〃と云いながらも過ごし易い。

だからという訳でもないだろうが、もうイワタバコが咲き始めている。

P7270018.JPG

星型の紫の小花は、涼し気でこの季節に相応しい。
そろそろ北岳コースを登り、この花に会いに行ってみよう。

★ つれづれに一句

  山風に 揺れ止まざりし 岩煙草   yamahiko
   ・やまかぜに ゆれやまざりし いわたばこ



posted by yamahiko at 22:54| 植物・夏

2019年07月27日

高住神社の、茅の輪くぐり

7月27日(土)

P7270003.JPG

今日は、高住神社の夏越祭でした。
茅の輪くぐり、と云った方が分かりやすいかの知れませんね。
青々としたカヤを束ねてしつらえられた、茅の輪です。

ちょうど1年の真ん中に行われる「夏越の祓」で半年間の穢れを落とし、新たな気持ちで
残り半年の運気を強めるというもので、日本各地の神社でも行われている。

そして茅の輪をくぐり罪穢(つみけがれ)を祓い、来るべく暑い夏を無事に越せますように
という神事であります。


P7270009.JPG

P7270011_collage.jpg

境内では冷たい甘酒などの接待などもあり、毎年この神事を楽しみにしているという
顏馴染みもいて、どちらかと云うと和気あいあいの雰囲気だ。

P7270022.JPG

P7270028.JPG

P7270029_collage.jpg

神官の先導で参道を下り切り幣で辺りを清めて、茅の輪を潜ります。
まだどこか蒼い匂いの茅の輪は、清々しくこれで猛暑の夏を乗り越えられそう。

★ つれづれに一句

    まだ青き 匂ひの茅の輪 潜りけり   yamahiko
     ・まだあおき においのちのわ くぐりけり


◎  英彦山神宮の夏越祭・茅の輪くぐりは、7月31日(水)午後3時より
                     奉幣殿境内にて











posted by yamahiko at 23:21| 歳時記