2019年06月30日

苔の緑は

6月30日(日)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P6300011.JPG

苔の緑が、更に深く美しくなる季節です。

英彦山には歴史を刻むように、苔むした石垣や石段が多く、それらの美しさは
梅雨ともなると尚更だ。

P6300012.JPG

P6300002_collage.jpg

★ つれづれに一句

  雨後の 苔の緑の 深きこと   yamahiko
    ・あめあとの こけのみどりの ふかきこと







posted by yamahiko at 21:36| 植物・夏

2019年06月29日

梅雨湿り

6月29日(土)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P6290008.JPG

連日の雨を含んだ木々の緑は、益々濃くなるばかりです。
山も里も重苦しいほどの、湿り気とその霊気に包まれているような。


P6290004.JPG


P6290014.JPG

叉雨が降り出しています。
大きな被害が出ないように、ただじっと身を潜めるばかり。

★ つれづれに一句

  渓深く 棲まひし里の 梅雨湿り   yamahiko
    ・たにふかく すまいしさとの つゆじめり


  

posted by yamahiko at 20:04| 日々のあれこれ

2019年06月28日

雨の日は

6月28日(金)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P1750625.JPG

強い雨に打たれたのか、もう散ろうとしているサツキ。
純白は中々好いものだが、花の命は短いと誰かが言っていたような。


P1750634.JPG


P1750629.JPG


梅雨の晴れ間かと思っていたら、急に降り出したりなにかと空模様が
安定しない今日の英彦山でした。

★ つれづれに一句

  雨の日は 雨を涼しと 咲をりぬ   yamahiko
   ・あめのひは あめをすずしと さきおりぬ




posted by yamahiko at 20:59| 植物・夏

2019年06月27日

嵐が去って

6月27日(木)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P6270006.JPG

朝から強い雨と風が続き、どうなることかと思っていたのですが、どうにか
夕方には治まり、陽も差し込んできた。

今日は集落の「市護神社」の神事でしたが、無事に終わりホッとしています。
梅雨時期の神事なので、天候を心配するのは毎年の事、と云いながらもやはりそれはね。

P6270004.JPG

とにかく去っていった嵐。
その静けさに、今は安らぐことにしよう。

★ つれづれに一句

  荒梅雨の 去りたる後の 静けさに   yamahiko
    ・あらつゆの さりたるあとの しずけさに




posted by yamahiko at 21:34| 日々のあれこれ

2019年06月26日

梅雨入り

6月26日(水)

いよいよ北部九州も梅雨入りしました。
そして、台風も発生していきなりの大雨になりそう。

それに構えて、ひっそりと鎮まり返っている今日の英彦山です。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P1750620.JPG


P1750622.JPG

★ つれづれに一句

  紫陽花の 花の盛りに 兆す雨   yamahiko
    ・あじさいの はなのさかりに きざすあめ





posted by yamahiko at 14:26| 日々のあれこれ