2019年04月30日

セッコクの白は

4月30日(火)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P1750222.JPG

今日で4月が終わり、明日から5月がやって来る。
そして平成から令和になり、いよいよ新しい年号の下で日々の暮らしが始まる。

連休なのに天気が悪く今日一日は、その関連番組を観ていた人も、多かったかも知れず
日本史に語り継がれる時間を、過ごしているという事になりそうですね。

霧雨の中、セッコクが咲き始めている。
御代替わりの、今日に相応しい純白です。

★ つれづれに一句

  咲き初めて 穢れなき白 夏兆す    yamahiko
    ・さきそめて けがれなきしろ なつきざす



posted by yamahiko at 21:12| 植物・春

2019年04月29日

等覚寺の松会神事へ

4月29日(月)

京都郡苅田町の山口地区、標高約300メートル地点にある「白山多賀神社」は、その昔、
山伏たちの修験の霊山で、「英彦山六峰」のひとつに数えられた等覚寺一帯の中心です。

毎年4月の第3日曜日に千年以上前から続く修験道のお祭り「等覚寺の松会」が今に
伝えられている。

農耕予祝の神事で、獅子舞・お田植・幣切りなどが行われ、かつては英彦山がその発祥と
云われ、今は元日の柱松神事、三月の御田祭、四月の神幸祭などに分けられて、それを
みることが出来ます。

古式を伝える白山多賀の松会神事、先日21日に行って来ました。
日曜日に出かけるというのは中々できない事で、随分久し振りでやはり行って良かった。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P4210021.JPG

到着の時間が早過ぎたので、チョット登って青龍窟まで。

P4210012_collage.jpgP4210040.JPG

サンキライや、アケビ、ムベなど秋になれば面白い実モノが実るんだろうな。

天気も良いし、思わず奥へ奥へと道を辿って遊んだが、そろそろ神事が始る頃なので
神社へ行かねば。

P4210048.JPG

白山多賀神社鳥居から参道へ。

P1750107.JPG

P4210054_collage.jpg

P4210072.JPG

御田祭や鉞舞いなど一連の事は、英彦山でも見られることだが、ここでは地元の
子どもたちの早乙女舞などもあり、牛の登場となれば会場はドッと沸く。
厳粛の中にも、どことなく土の匂がするような和やかさがあり、好いものだ。

P4210104.JPG

いよいよこれからがクライマックスへと向かう。

今年の主役の施主の登場となり、法螺貝が鳴り響く中、口に榊の葉を、腰に刀を差して
大御幣を背中にくくりつけて柱松を施主がよじ登る。

P4210118.JPG

P1750156.JPG

頂上では、大御幣で天地四方を祓い清める。
いよいよ腰の大刀を抜いて幣切りにいどむ、ここからが松会行事最大のクライマックス。

皆が固唾を飲んで見守る中、柱松の頂上の施主は幣串を大刀で切り落とす。
幣串が切れると最後に大御幣を切り落とす、神の御霊が宿る御幣は、ひらひらと落ちてゆき
大地を清めるのです。
五穀豊穣が約束され、この神事は終了となります。
有り難うございました。


★ つれづれに一句

  新緑の 中なる千年 神事かな   yamahiko
    ・しんりょくの なかなるせんねん しんじかな
























posted by yamahiko at 21:03| 史跡ご案内

2019年04月28日

連休2日目は

4月28日(日)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P4280014.JPG

連休2日目、参道を行き交う人も増え賑わいを見せている英彦山です。
観光地英彦山ですからこちらは迎える側、今日は久し振りに財蔵坊の当番で
皆さんをご案内していました。


P4280031.JPG


P4280018.JPG

この囲炉裏の火を見ると落ち着くし、これからはここから見る新緑が輝く季節です。

★ つれづれに一句

  絶やしては ならぬ夏炉の 火なりけり   yamahiko
    ・たやしては ならぬなつろの ひなりけり


P4280033.JPG

新緑にスッポリと囲まれている、財蔵坊です。
庭もいつの間にか、初夏の花で彩られている。


P4280045.JPG


P4280024_collage.jpg


P4280025_collage.jpg

前庭も裏もエビネが、今を盛りと競うように咲いている。

P4280022.JPG

ヤマシャクヤク。

P4280037.JPG

ムサシアブミが、今年も元気だな。
見れば見るほど不思議な色形だが、渋い味わいです。

P4280052.JPG

加藤さんのガイドで、ツアーの皆さんの見学も。
坊内を見て戴いたが説明が充分だっただろうか、後で色々反省したりするものです。

今日一日、お疲れさまでした。












posted by yamahiko at 21:15| 財蔵坊日記

2019年04月27日

裏英彦コースの、ヤマシャクヤクへ

4月27日(土)

大型10連休に突入しました。
英彦山登山を計画している人達も多いのではないか、という事もあるし
裏英彦コースのヤマシャクヤクが気になり、チョット行って来ました。

それにしても、今日は寒かった。
途中擦れ違った人に聞いたら、早朝の別所駐車場の気温が3℃しかなくて震えあがった、
という事でこれだから、山は油断できませんね。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P1750212.JPG

P4270006.JPG

薬師峠から登り始め、暫くは杉林の中を歩くことになるが、それを抜けたら視野が
広がり遠望も効くようになる。
オオカメノキやミツバツツジも咲き始めて、やはりもう初夏だな。

P4270010.JPG


P4270018.JPG


P4270020.JPG

そして目的のヤマシャクヤクはと云うと、全体の開花はまだ早かった。
予想はしていたけども、天気や自分の都合でもう今日しかなく、確認できたことを
良しとしよう。
今年はまんべんなく花がついているみたいで、咲き揃うと見事だろう。

P4270027.JPG

本日の「上宮百景」です。

雲が多く風が冷たい。
それでもこの後には、青空になり始めた。


P4270042.JPG

やはり連休だな、登山者が多い。


P4270047.JPG

油木ダムの方を見下ろす。

P4270030.JPG


P4270035.JPG

シャクナゲのポイントへ行ってみると、蕾がギッシリだ。
今年は、期待できそうだな。

P4270054.JPG


P4270061.JPG


P4270076.JPG

下山は高住神社へ。
途中の林の芽吹きが始まり、若葉の色が深くなっていて気持ちが好い一日になりました。

山路の花たち。

P4270052.JPG

ツクシショウジョウバカマ。

P4270065.JPG

ワチガイソウ。

P4270071.JPG

山ハコベ。

英彦山登山を計画されている方への参考になればと、取り急ぎアップしました。
お疲れさまでした。




















posted by yamahiko at 21:18| 山行記録

2019年04月26日

英彦山を守るプロジェクト発足

4月26日(金)

「修験道の聖地」英彦山の風景を守り、後世に残すためのプロジェクトが公開されました。

台風で荒れてしまった杉林を復興する、クラウドファンディングプロジェクトが発足。
サポーター募集中です。

詳細はこちらをお読みください。
https://www.makuake.com/project/hikosanjingu

・写真をクリックすると、拡大されます。

P8260068.JPG

            (北岳から、中岳上宮、南岳を遠望・過去のブログより転載)

この豊かな自然をいつまでも。

★ つれづれに一句

  千年の 森に育てむ 新樹光    yamahiko
    ・せんねんの もりにそだてん しんじゅこう





posted by yamahiko at 21:21| イベントのお知らせ