2019年03月31日

桜の開花情報・守静坊の枝垂れ桜、表参道

3月31日(日)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P3310061.JPG


今日で3月が終わり、明日から新年度へ。
そして明日から年号も新しくなるといい、さてどのような発表になるか、気掛かりでもあり
折からサクラも咲き、これも平成の御代最後という事になりますね。

★ つれづれに一句

  悠久の 大河の流れ 桜充つ   yamahiko
    ・ゆうきゅうの たいがのながれ さくらみつ


P3310046.JPG

P3310071.JPG

P3310056.JPG

通い詰めている守静坊の枝垂れ桜が、いよいよ見頃を迎えています。


P3310063.JPG

P3310048.JPG

樹齢二百年、説明版もお読みください。


P3310038.JPG

P1740927_collage.jpg

参道のサクラも、ちらほらと咲き初めです。


P1740929.JPG

P3310080.JPG

★ つれづれに一句

  神域に 穢れなき色 初桜    yamahiko
    ・しんいきに けがれなきいろ はつざくら









posted by yamahiko at 15:39| 植物・春

2019年03月30日

求菩提山(782Ⅿ)へ

3月30日(土)

このところサクラ情報専門サイトのようになっていたので、今日はチョット気分を変えて
24日の求菩提山登山のレポです。

求菩提山(782Ⅿ)はかつての「英彦山六峰」の一座であり、修験道の山として隆盛を極め、
山内には当時の名残りとも云える、数々の史跡がありそれを巡るのが面白い。
英彦山からは柳峠を下り、寒田集落を抜け次郎坊峠を過ぎると登山口に到着だ。

資料館前の駐車場から歩き、まず登山口を目指そう。
本当は「座主坊園地駐車場」まで車で行けるので、余分に時間をロスしてしまったが、それも
久し振りの山ということで新鮮な気分だ。

・写真をクリックすると、拡大されます。


P3270027.JPG

P3270023.JPG


取り付くとすぐに苔むした石段が始まり、これも求菩提山らしい。
「一山五百坊」と形容された山は、山内には修行の場や山伏たちが生活をした坊跡、堂宇、
墓など当時を偲ぶことが出来る多くの遺構が遺されており、この石段もその一つです。
いつもは正面コースから登るが、今回は逆に五窟巡りから行くことにしよう。

P3270031.JPG

P3270036.JPG

まず禊場に到着。
流れ落ちる水音が響いてくるだけの静けさ。
標識が次々に出て来るので、道迷いの心配はない。


P3270041.JPG

P3270045.JPG

P3270046_collage.jpg

P3270051.JPG

切り立った岩稜が続く、それぞれがかつての山伏達の修行場・五ヵ所の「窟」であり、今でも
参拝者がいるようでその跡がある。
道は歩き易く、史跡巡りで案内するには絶好のコースだな。

最後の大日窟を過ぎると、照葉樹の林の中の小路になり、登り切ると犬ヶ岳からの縦走路との
合流地点に出る、ここは護摩場址の説明版があり休憩所として整備されている。
では、チョット休憩しよう。

P3270073.JPG


山頂の国玉神社上宮です。
ここから一気に下りが始まる。

P3270086.JPG

P3270090_collage.jpg

求菩提山の象徴のような急な石段、中宮から始まる「鬼の石段」。
850段あるといわれている。

やはりここは登ってこそ、その醍醐味が分かるのかもしれない。
所々近年になって修整してあるのが分かるが、石の崩れもなく整然と続く石段は見上げながら
登るものかもしれない。

P3270105.JPG

P3270106_collage.jpg

苔むした石仏の山、求菩提山でもありました。

P3270113.JPG

P3270111.JPG

P3270120.JPG

ヒメシャガの保護地も見て、無事下山完了。
キブシが今が盛りでしたね、お疲れさまでした。















posted by yamahiko at 20:30| 山行記録

2019年03月29日

桜の開花情報・守静坊の枝垂れ桜

3月29日(金)

本日2回目の更新です。
守静坊の枝垂れサクラ、またまた咲き進んでいてもう見頃と云っても好いような。


サクラ、サクラと少し気恥ずかしくもあり、他に山行レポなど書きたいことは溜まっているの
ですが、サクラは今の今だけの旬だと思う次第です。
そして土・日曜日がやって来るし・・・、という訳です。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P3290029.JPG

P3290038.JPG

P3290034.JPG

P3290041.JPG

P3290043.JPG

★ つれづれに一句

  咲き充ちて 小揺らぎもなき 里桜   yamahiko
    ・さきみちて さゆらぎもなき さとざくら


今日この時、「いつもブログ見てます、参考になります〜」と声掛けして戴いた
読者さん、有り難うございます。
毎日の、更新の励みになります。




posted by yamahiko at 19:49| 植物・春

桜の開花情報・添田公園、不動池、守静坊の枝垂れ桜

3月29日(金)

日中は気温が上がりそのせいだろうか、サクラも一気に咲き進んでいるようです。
今日はグルッと駆け足で、サクラスポットを巡って来ました。

・写真をクリックすると、拡大されます。

P3280029.JPG

P3280022.JPG

P3280001_collage.jpg


添田公園、もう見頃です。
アッという間に開花が進み、もう花見が始まっていてビックリ。

P3280014.JPG

P3280012.JPG

P3280004_collage.jpg

公園奥の不動池、まだ3・4分咲き。
枝垂れサクラの池への写り込みが楽しみで、通うカメラマンが多いみたい。


P3280048.JPG

P3280051.JPG

P1740905_collage.jpg

英彦山・守静坊の枝垂れサクラ。
ようやく遠目にも開花が見えるようになってきたが、まだ3・4分咲き。
これから日毎に咲き進むので、気を抜けないな。

★ つれづれに一句

  初花を 遅し速しと 見上げけり   yamahiko
    ・はつはなを おそしはやしと みあげけり


P3280033.JPG

P3280035.JPG

P3280037.JPG

守静坊の枝垂れサクラへの道順は
銅鳥居周辺の駐車場から国道を歩くと、カーブミラー99番の横に案内の立て看板があり、その
横の小路を約5分で到着です。

P1740886.JPG

P1740877_collage.jpg

もう一つ、岩石山の弓張岳林道側のタムシバがもう咲いています。

















posted by yamahiko at 00:00| 植物・春

2019年03月28日

「英彦山 花ごよみ」・3月の花

3月28日(木)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P3280005.JPG

西日本新聞の連載、「英彦山 花ごよみ」が再開されました。

3月の花は、ミツマタです。
今までも季節の話題として取り上げられていたのですが、やはりこの時期の英彦山を彩る
代表的な花としての登場となりました。

英彦山の花だけに特化したこの連載、楽しみです。
さて、4月の花は何だろうか。

★ つれづれに一句

  風は春 歳月流れ 易くして   yamahiko
    ・かぜははる さいげつながれ やすくして




   



posted by yamahiko at 09:39| メディア