2019年01月11日

岩石山へ

1月11日(金)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P1110031.JPG

予報では晴れマークが出ていたけども、朝からドンヨリ空だ。
まぁ冬の天気と云うのはこんなものだろう・・、山へ登ろう〜!
という訳で、添田町の岩石山へ。

久し振りに山頂の「梵字岩」を見に行こう、英彦山の遠望は今日はどんなだろうか。

P1110009.JPG

添田公園から正面のコースを登る、このコースは早朝から登る地元の人たちが多いらしいが
なるほど、整備も行き届き麓からだったら毎日でも登りたくなるな。
それにしても、この暖かさはどうしたことだろう、1月とは思えぬほどの陽気で汗ばんで来るし
擦れ違う人の挨拶も、暑いですね〜。

P1110011_collage.jpg

P1110023.JPG

奥の院展望所に、到着。
添田町を眼下に見下ろしながら、ちょっと休憩タイム。

もうひと登りすれば、山頂だ。

P1110025.JPG

山頂展望台から、英彦山。
やはり、英彦山はどこから見ても堂々としているな。

その昔岩石城の武将たちも、英彦山へ戦勝祈願の遥拝をしたかもしれないし、山伏たちも
ここから法螺貝を吹き鳴らしたかもしれない。
遥かに英彦山を見ながら、想像やら妄想が尽きないな。

★ つれづれに一句

  見晴るかす 指呼に英彦山 冬ぬくし
    ・みはるかす しこにひこさん ふゆぬくし


P1110029.JPG

赤村の田園風景。

ここからは国見岩、獅子岩、八畳岩、などの奇岩・大岩の連続になり、それも面白いスポットだ。

P1110034.JPG

P1110035.JPG

P1110039.JPG

この一帯で、城主は我が領地の「国見」をしたのだろうか、と、ここでも想像やら妄想やら。
さて、八畳岩に登ると、ここからも遠望は効く。

P1110042.JPG

英彦山。

P1110046.JPG

添田町から、田川方面が広がっている。
晴れ渡った空ではなかったが、遠くまで見下ろせて気持ち良かったですね。

帰りは、「古井戸」コースへ寄り道して添田公園へ下山完了。

P1110057.JPG

P1110060.JPG

登山口の紅梅がほころび始めていて、ちょっとビックリ〜。
お疲れさまでした。






posted by yamahiko at 20:04| 山行記録