2019年01月23日

別所谷を歩く

1月23日(水)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P1210002.JPG

別所駐車場から少し登り、国道沿いに九州自然歩道に入ると昼なお暗い路になり、整然と続く
石垣群に初めてここを通るハイカーは驚くことが多いという。
この一帯は別所谷と云い、かつては「別所百坊」と称されたほどの集落をなしていた。

国内中を徒歩で実測して、初めて日本地図を表わした江戸時代後期の伊能忠敬と云う人。
その足跡を辿るのが今ちょっとしたブームになっているが、伊能一行は英彦山にもやって来ていて
1812年(文化9年)7月11日、大分県側の下毛郡から薬師峠へ上がり豊前坊、そしてこの
別所谷を実測しながら通過している。
その記録には、〜〜〜高天ヶ原字別所谷、人家凡六十軒ばかり〜〜〜と記している。

P1170018_collage.jpg

歴史に埋もれたようになっているこの谷も、昔を偲びながら歩くと思いは深くなるもので、
ここに山伏達のどんな暮らしがあったのだろうか。

そして、この先には「六地蔵」の静けさがある。

P1210010.JPG

P1210011.JPG

P1210013.JPG

石橋を渡ると、広場のようになっておりここは「六地蔵」、「地蔵坂」とも云われています。
突き当りの山側に石段があり、その上がまた広場になっておりここに地蔵が祀られている。
ここは京築方面や豊後方面からの英彦山参詣道の合流地点であり、前に流れる渓流で身を清め
聖域に入って行ったと云います。

そして眼を引くのは、六角柱のそれぞれの面に地蔵が刻まれており、現存するものとしては、
貴重であります。
この一帯が、「六地蔵」と云われるのが納得ですね。

P1210015_collage.jpg

背景の杉山には、無縁となってしまった墓石が埋もれたり散乱している。
苔むした自然石で上部に梵字が刻まれ、山伏の戒名が僅かに読むことが出来き、かつての
「別所百坊」の山伏やその家族のものだろう。

ここは、正者と死者の世界の境という事になりますね。

いつもは見逃している何気ないところにも、秘めた歴史があり物語がある。
それが英彦山でもあります。

★ つれづれに一句

  修験者の 墓の群れとや 風冴ゆる   yamahiko
   ・しゅげんじゃの はかのむれとや かぜさゆる






posted by yamahiko at 21:58| 史跡ご案内

2019年01月22日

樹々の光芒に

1月22日(火)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P1210045.JPG

★ つれづれに一句

  直立の 樹々の光芒 冬日和り   yamahiko
     ・ちょくりつの きぎのこうぼう ふゆびより


P1210046.JPG

P1210047.JPG

カラカラに乾く毎日が続き、こんな年は悪名高い「杉花粉」がもう飛び始めているのだろうか。
連れ合いが昨日あたりから眼がムズムズし始めたと云い、早々とそのシーズン到来か?

杉だらけの英彦山ですからね、これから大変だ。

そして、なんと「杉の花・杉花粉」は、春の季語にもなっているんですよ。
季語に定められた当時は、今のようにアレルギーなどで騒がれることはなかっただろうし、季節の
風物のように捉えられていたみたいですね。






posted by yamahiko at 22:21| 日々のあれこれ

2019年01月21日

冬野

1月21日(月)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P1210024.JPG

久し振りにスキー場へ、行ってみた。
本当は気になっている花があり、もうそろそろかなとも思って、まぁ天気も良いので
フラリと歩きたくなった・・、と云うのが本当のところです。

キャンプ場から自然遊歩道へ、この道は秋紅葉の頃はよく歩き、登山者も多かったが
今は静かなものだ。


P1210021.JPG


P1210023_collage.jpg

こう見ると日差しは強いが、風は冷たかった。
何しろ昨日は大寒だったし、季節は英彦山で一番寒い日々のはずで、その割にはこんなに
雪がないこの景色も珍しい。
寒林も清々しく、時折り野鳥の声が聞こえるだけの静けさです。

P1210032.JPG

P1210033.JPG

綺麗サッパリとススキが刈られたスキー場はただ広々として、空も蒼いし冬も好いものだな。

★ つれづれに一句

  空蒼く して冬野とは 広かりし   yamahiko
    ・そらあおく してふゆのとは ひろかりし


そして・・、もう咲き始めているセリバオウレンです。

P1210043.JPG

P1210039.JPG

やっと見つけた、この一株。
まだまだ、寒い日が続くんだけどね。




posted by yamahiko at 22:16| 植物・冬