2018年10月26日

紅葉情報・色が溢れて、玉屋見口へ

10月26日(金)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P1730798.JPG

南岳コースの、「玉屋見口」は隠れた紅葉スポットだ。

コースから少し外れていて岩場を慎重に登り、ここに人を案内するとその絶景に言葉をなくして
暫くは立ち尽くし、それを見るとチョット自慢気になったりもする。

P1730797.JPG

正面登山道の稜線も今が真っ盛りの鮮やかさで、ここまで色が溢れているのは、タイミングが
ピタリと合ったという事だ。
このめぐり逢いに感謝ですね。


P1730801.JPG

そして中岳に鎮座する上宮を、遥かに拝することが出来る。
雪景色の中の上宮も好いが、紅葉はまた特別だな。


★ つれづれに一句

  天空の 宮と知られて 紅葉濃し   yamahiko
    ・てんくうの みやとしられて もみじこし


今日はここに新聞記者を案内したが、予報よりも早く天候が崩れ始め到着した頃にはドンヨリ空。
雲が流れて明るくなるのを待つこと、小一時間。
さて、首尾よく撮れているだろうか。








posted by yamahiko at 23:01| 紅葉情報

2018年10月25日

紅葉情報・絶景の南岳コースへ

10月25日(木)

・写真をクリックすると、拡大されます。


PA250039.JPG

紅葉の絶景ポイント、南岳コースへ。
前回は21日に登ったが、僅か4日でこうも色付きが進むのか!
それに天気も良かったしね、最高の紅葉日和りでした。

余計な言葉はいらないですね、一言コメントで参ります。

PA250014.JPG

PA250023.JPG

PA250006_collage.jpg

鬼杉分岐から登った材木石付近まで、色付きは降りて来ていた。
普通に登ってしまうのは勿体なく、しばらく遊ぼう。

PA250037.JPG

PA250042 - コピー.JPG

鎖場付近、もうこれぞ錦秋の世界だ。
谷の方から人声が聞こえて来る、もしや途中でお逢いした豊津の信ちゃんご夫妻のご一行かな。

PA250055.JPG

PA250051_collage.jpg

登りながら撮りながらで忙しいことだ、そして暑くなってきた。
この暑さは、絶景を前にした興奮かもしれないなぁ。

PA250068.JPG

北岳の岩稜。

PA250064.JPG

本日の「上宮百景」です。
団体の声が聞こえて来るので、中岳休憩所には寄らないで正面コースを下山しよう。

PA250086.JPG

PA250074_collage.jpg

南岳周辺が、殊更に鮮やかだ。
平日なのに登る人下る人が多く、この景色に感嘆の声が挙がっている。

PA250109.JPG

PA250091_collage.jpg

千本杉の谷も、今が見頃だ。
かつてのスギの美林が長い年月をかけて、いつの間にこんな紅葉の名所になったんだろう・・、と
思うし、今年はひときわ鮮やかだ。

この週末の紅葉登山の参考になればと、急ぎ編集してアップしました。
お疲れさまでした。

★ つれづれに一句

  大英彦の 誠に多彩 なる紅葉   yamahiko
     ・おおひこの まことにたさい なるもみじ








posted by yamahiko at 21:27| 紅葉情報

2018年10月24日

紅葉情報・黄砂が邪魔をして

10月24日(水)

・写真をクリックすると、拡大されます。

PA240019.JPG

紅葉の始まりというこの色付き具合が一番ワクワクするもので、これから英彦山は
その賑わい一色になる。
そして今年の紅葉はスピードが速いような気がして、それぞれのスポットの追っかけに
忙しくなるが、その忙しさを楽しんでいる。

という訳で、さて、里の紅葉も進んでいるだろうと今日も花見ヶ岩へ。

PA240021.JPG

PA240022.JPG

天気は好いが、薄ボンヤリしていて折角の紅葉もこれではねぇ・・。
まだ始まったばかりの色付きでこれから日毎に濃くなってくる、また撮りに来ます。

後で知ったことですが、今日の薄ボンヤリは黄砂のせいだったようです。
明日は今が盛りの山の紅葉へ、南岳コースを登ります。







posted by yamahiko at 21:50| 紅葉情報

2018年10月23日

夕映えに

10月23日(火)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P1730738.JPG


雨上がりの夕暮れはドラマチックだ。
こうなる事は何となく予想ができたので、花見ヶ岩でまだ明るい時間からスタンバイしていた。

PA230025.JPG

PA230028.JPG

PA230032.JPG

PA230030.JPG

地表との温度差で、霧が湧きあがり谷々を夕日が染めてゆく。
東峰村の稜線の重なりも、眼下に小さく見える唐ヶ谷集落も、予想通りに夕映えの霧の中だ。

★ つれづれに一句

  霧の湧く 谷知り尽くし 山に棲む   yamahiko
    ・きりのわく たにしりつくし やまにすむ


こんな荘厳があるだろうか、こういう時は写真を撮ることなど、どうでもよくなってしまうが
そうはいかない、夢中でシャッターを押しましたよ。

PA230036.JPG

油木ダムの方は、薄い水色の空でチョコンと日岳も。


PA230040.JPG

夕映えの英彦山集落です。
いつの間にか、こんなに紅葉が進んでいるとは!


PA230043.JPG


PA230047.JPG

★ つれづれに一句

  美しき 空よ雲よと 暮れ易し   yamahiko
    ・うつくしき そらよくもよと くれやすし








posted by yamahiko at 22:27| 今日の空

2018年10月22日

草紅葉

10月22日(月)

・写真をクリックすると、拡大されます。

PA210104.JPG

この時期紅葉するのは樹々だけではない、草叢も綺麗に染まって来る。
草モミジと云う言葉があり、中秋の季語にもなっています。

それに日が射しこんだら、ちょっとした面白い景色になる。

PA210105.JPG

★ つれづれに一句

  深海の 如し光芒の 草紅葉   yamahiko
    ・しんかいの ごとしこうぼうの くさもみじ


今日は気分を変えて、英彦山ゆかりの寺社巡りで宇佐、院内方面へ足を延ばしてきました。

P1730715.JPG

やはり、英彦山の歴史は深いなぁ・・。
只今編集中です、おいおいアップしたいと思っています。






posted by yamahiko at 21:13| 歳時記