2018年10月19日

山の深さに・キノコ

10月19日(金)

・写真をクリックすると、拡大されます。

PA170099.JPG

この時期は、一雨ごとにキノコが出てくる。
雨後のタケノコ、と云う言葉もあるが秋はキノコだ。

昨日までは何にもなかったそこいら辺の苔にも、ニョッキリと顔を覗かせるこんな小さなキノコが
好きだが、これは鑑賞用(?)にしておこう。
毒のあるツキヨタケと美味なるナメコぐらいの見分けはできるが、どちらにしてもキノコには
手を出さない方が無難なようです。


PA170102.JPG

寄り添うキノコだ、可愛いなぁ。

★ つれづれに一句

  茸出る 山の深さに 棲み慣れし   yamahiko
   ・きのこでる やまのふかさに すみなれし




posted by yamahiko at 21:33| 植物・秋

2018年10月18日

鷹巣原高原のススキ・銀のさざ波

10月18日(木)

・写真をクリックすると、拡大されます。


P1730669.JPG

★ つれづれに一句

  何もかも もふ何もかも 秋深む   yamahiko
    ・なにもかも もうなにもかも あきふかむ



PA180111.JPG


PA180113.JPG

もうじき紅葉とススキの競演が始まり、季節は極まる。
今年も夕映えの写真を撮りたいな、日中とはまた違う表情になり、それを皆さんにも見て欲しい。


P1730686.JPG


★ つれづれに一句

  ある時は 銀のさざ波 芒原   yamahiko
    ・あるときは ぎんのさざなみ すすきはら





posted by yamahiko at 22:10| 植物・秋

2018年10月17日

紅葉情報・北岳〜中岳〜正面コース

10月17日(水)

いよいよ英彦山の紅葉シーズンの始まり。
「紅葉情報」として、これから随時各登山コースや麓の紅葉スポットの色付き具合をアップしたいと
思っています。

今日は北岳から中岳、そして正面コースを歩いてきましたが、まだ早いだろうと思っていた色付きは
もう進んでいて・・、それでも本当の見頃になるのはこれからです。

・写真をクリックすると、拡大されます。

PA170019.JPG

PA170011_collage.jpg

高住神社から登り始めシオジ林の辺りはまだ緑一色だが、溶岩壁まで来ると薄紅葉が見え始め
ここはゆっくりと岩稜を見上げよう。

PA170002_collage.jpg

アキチョウジなどを見ながら、山の花も少なくなってくる頃だ。

PA170029.JPG


PA170022_collage.jpg


PA170036.JPG

鎖場を慎重に登り詰め稜線に出ると、もう鮮やかな紅葉の世界だ。
晴れたり曇ったりの繰り返しで日差しが当たるのを待って・・、紅葉にはやはり青空が似合うなぁ。

台風の影響で葉がよじれたり散ったりしているのもあるが、中々に順調な色付きのようで、毎年の
事ながら、これが一番気掛かりで自分の眼で確かめるまでは落ち着かない。

PA170028.JPG


伊良原ダムを見下ろす、霞んでしまっているが空が面白い。

PA170044.JPG


北岳の広場から耶馬溪の方を見るが、霞なのかPMなのか薄ぼんやりの山の重なりの中に、
仲摩殿畑山の稜線が、これも中々好いものだ。

PA170058.JPG


PA170060.JPG

上宮までのブナ林はまだこれからだが、ここの色付きが全部揃うのはほんの一瞬で、そのタイミングに
巡り合うのは難しい。
散りやすく、色褪せやすいのがブナの黄葉だ。

PA170043_collage.jpg


PA170074.JPG

最後の岩場を登り北岳方面を振り向く、あぁ曇ってきたな。
たちまち色が沈んでしまうようだ。

中岳に到着、いよいよ曇って来たのでここはスルーして正面コースを下ろう。

PA170079.JPG


PA170080.JPG


PA170084_collage.jpg

正面コースには紅葉谷を見下ろすポイントもあるし、その時期がきたら奉幣殿から
登らないといけないな。

千本杉付近でお逢いしたお二人、ウリハダカエデの見分け方お分かりになりましたか〜?
ブログ見てくれていますか、そして、これからも英彦山を宜しく。

お疲れさまでした。

★ つれづれに一句

  その中の 紅が際立つ 山紅葉    yamahiko
    ・そのなかに あかがきわだつ やまもみじ








posted by yamahiko at 22:57| 紅葉情報