2018年06月20日

降る雨に・苔

6月20日(水)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P4180088[1].jpg

このところ世間では、ちょっとした苔ブームらしい。
その神秘に魅せられた、「苔ガール」と云われる女性たちも登場しているそうな。

ブームにならずともつねづね英彦山は、「苔鑑賞特区」ではないかと思ってきた。

森の暗い林床や不動の岩などに広がる、樹齢をかさねた大木についた苔は美しく清々しい、山路や
谷間の湿地にはえる苔の姿は、ひっそりと地味ではあるが味わい深い。
坊跡の石垣の苔は歴史を刻み、先人の暮らしを偲ばせ旅人はしばし佇むみ、うす暗いまでの緑の中に
社殿まで続く苔むした参道を登るときに感じるあたりを包む静寂感。

英彦山の苔のある風景にはさまざまな味わいがあり、どこか私達の心の片隅にあるわび・さびの心を
呼び覚ましてくれるような気がする。

P7160055[1].jpg

2016_0723_141507-P7230017[1]_collage.jpg

財蔵坊の庭。
落ち葉掃きも草むしりも苔をいためないようにと気遣っているので、緑濃くそのフワフワ感も
増していて、飛び石ともちょうど好い感じに合ってきたようです。
雨上がりを、是非見て欲しいな。

2012_0628_070516-P1080982[1].jpg

祠を見上げると、そこにも緑濃い苔。

2012_0628_060612-P1080962[1].jpg

苔むした石垣に、アジサイ。

英彦山はどこに眼をやっても、苔の美しさに満ちている。

★ つれづれに一句

  こよなきは 雨の暗きに 苔の花   yamahiko
    ・こよなきは あめのくらきに こけのはな
posted by yamahiko at 00:00| 植物・夏

2018年06月19日

梅雨深む

6月19日(火)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P1720831.JPG

★ つれづれに一句

  一雨に さざ波なせる 茂りかな   yamahiko
    ・ひとあめに さざなみなせる しげりかな


六月というのは十二ヵ月の中で、かなり不遇な月ではないか。
野山に遠出したくなる五月の晴れがましさはないし、暑さと共に日常を過ごす七・八月のような
ある種きっぱりとした想いもまだない。
それは何より、梅雨が来るから。

今週あたりから梅雨も深まり、雨の毎日になりそうだとか。
ジメジメ、ジトジトの季節到来だ。
いよいよだなと思っていたら近畿地方では大地震のニュース、心よりお見舞い申し上げます。

P1720841.JPG

そして、アジサイの季節到来でもあります。
posted by yamahiko at 01:12| 歳時記

2018年06月18日

剪定作業でした

6月18日(月)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P6170003.JPG

昨日は、財蔵坊の当番でした。
で、改めて見渡すと、坊を取り囲んでいるカエデが茂りに茂っている。

新緑の茂りは気持ち好いし夏は涼しく、秋の紅葉ともなるとそれが撮影ポイントともなり、
カメラマンが訪ねてくるが、屋根を覆うほどになってしまっている。
植田さんも来ていて、これは何とかしないとね。

P6160019.JPG

P6170004.JPG

脚立を出して、さっそく枝を切り払い剪定作業に取り掛かる。
山に棲んでいると何でもしないとね、少々の大工仕事や草刈り、脚立に登っての選定作業、ガイドも
します、ブログも書きますよ〜。

P6170021.JPG

半日仕事で、どうにかサッパリしたみたい。
風の通りも良くなり、一層涼しくなったようだ。

★ つれづれに一句

  山風の 通るままなる 夏館   yamahiko
    ・やまかぜの とおるままなる なつやかた

P6160003_collage.jpg

P6160022.JPG

夕方っぽい日差しになってきた頃、夏炉の火を落として一日の終わりです。
お疲れさまでした。
posted by yamahiko at 00:00| 財蔵坊日記

2018年06月17日

日盛り

6月17日(日)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P6160007.JPG

英彦山も、日中はさすがに暑くなってきた。
それでも木立を吹き抜ける風に、コンクリートに囲まれた街中に比べると格段の涼しさだ。


P6160018.JPG


P6160015.JPG

★ つれづれに一句

  日盛りを 山家のひそと あるばかり   yamahiko
    ・ひざかりを やまがのひそと あるばかり


来週からは梅雨空に戻ると云い、そう思うとこの暑さも強い日差しも貴重なものに
感じるものですね。
posted by yamahiko at 02:16| 歳時記

2018年06月16日

晴れの予感に

6月16日(土)

・写真をクリックすると、拡大されます。

P6150009.JPG

晴れてきそうだな・・、と思う朝は花見ヶ岩へ。
定番の儀式のようになっているが見える景色は毎回違い、梅雨晴れともなると尚更だ。

P6150008.JPG


P6150003.JPG

目覚めの頃の、英彦山集落。


P6150013.JPG


P6150006.JPG

グルリと西の方へ眼をやると・・、おぉ、青空が覗きだした。
晴れてくる、ただそれだけでこんなに気持ちが明るくなるなんてね。

★ つれづれに一句

  晴るる 日の喜びもまた 梅雨なれば   yamahiko
    ・はるるひの よろこびもまた つゆなれば
posted by yamahiko at 01:29| 今日の空