2020年12月03日

昔を今に、庚申塔

12月3日(木)

・写真をクリックすると、拡大されます。

PB240030.JPG

英彦山を歩くと色々な石仏、石塔を見事があり思わず足を止める事があるが、その
中でも、「庚申塔・こうしんとう」と言われる石塔が一番種類が多いと云う。

これは本来は三匹の猿が一緒に彫られたものや、コワイ顔をした像であったりするが、
英彦山のそれは石塔にただ「庚申」と彫られている。

庚申信仰。
中国の道教では、人間の体の中には「サンシの虫」という虫が住んでいて、60日に1度
巡って来る庚申の日に眠ると、体内から虫が抜け出て、その人が犯した悪事を天帝に報告
すると云われている。
なのでその日は寝ないで起きていようという事になり、各地で「庚申講」などを組み夜通し
呑み語らい、その日を無事にやり過ごしたそうな。


PC030007.JPG

PC030006.JPG


江戸時代には全国的に広まったという庚申信仰、英彦山でも盛んに庚申塔が建てられた。
そして近年まで、年中行事として集落毎に庚申講が行われていたと云う。

この山深い里のこと、人々は集い一晩中眠らずに酒を酌み合い、語り合うこの行事を
楽しみにしただろうし、更に集落の絆を深めていたのかも知れない。

その昔を今に伝える、英彦山の庚申塔です。

★ つれづれに一句

  長き夜を 問わず語りの 集ひかな   yamahiko
   ・ながきよを とわずがたりの つどいかな


posted by yamahiko at 20:11| 史跡ご案内

2020年12月02日

枯れ尾花

12月2日(水)

・写真をクリックすると、拡大されます。

PC010001.JPG

もうじき日が暮れるという頃、山風に揺れるばかりのカレオバナ。

秋の盛りの頃はススキ、冬になり穂も開ききってしまいただ飄々と風に揺れる姿は
カレオバナと云われ、この季節の季語にもなっている。

PC010003.JPG

PC010009.JPG

残照に照り輝くその様も中々好いもので、初冬の好きな景色です。

★ つれづれに一句

  夕日いま 落ちなむとして 枯れ尾花   yamahiko
    ・ゆうひいま おちなんとして かれおばな





posted by yamahiko at 21:09| 植物・冬

2020年12月01日

初霜の朝

  12月1日(火)

・写真をクリックすると、拡大されます。

PC010013.JPG

今日から12月。
いよいよ本当の冬がやって来ると思っていたら、今朝は初霜となりやはり、
暦通りに季節は巡っているんですね。

気温は0℃、いきなりの寒さの中家の周囲をグルリと歩いてきました。


PC010004.JPG

PC010006.JPG

PC010007.JPG

PC010014.JPG

PC010016.JPG

霜のキラキラ、ただ寒いだけの冬は嫌だけどもこんな楽しみがある。
英彦山の、冬の始まりだ。

★ つれづれに一句

  初霜の 朝となりたる 静かさに   yamahiko
    ・はつしもの あさとなりたる しずかさに

posted by yamahiko at 09:09| 歳時記

2020年11月30日

茶の花は

11月30日(月)

・写真をクリックすると、拡大されます。

PB230016.JPG

日溜りに、茶の花が咲いている。

英彦山の坊跡や庭隅には、茶の木が多い。
今はあまり手入れもされないで茂るに任せたようだが、その昔の英彦山ではそれぞれの家で、
製茶が盛んだったようだ。
若葉を摘み、それを蒸して、丁寧に揉んで・・、という手順を毎日のように繰り返していたと
云い、その当時の慌ただしさを懐かしむ婆チャンから、思い出話を聞かされたものだ。

更にその昔、修験道時代の英彦山山伏達はお茶を漢方薬の一種として、坊舎の庭などに
植えたと云われている。

今咲いているお茶の木は、その名残りという事になりますね。

PB240023.JPG

PB240021 - コピー.JPG

PB240028.JPG

目立たない花だが日毎に募る寒さの中で、そこだけほのぼのと明るくなっているような。


★ つれづれに一句

  日溜りに 咲ひて茶の花 明かりかな   yamahiko
    ・ひだまりに さいてちゃのはな あかりかな








posted by yamahiko at 20:27| 植物・冬

2020年11月29日

落ち葉の色を

11月29日(日)

・写真をクリックすると、拡大されます。

PB290020.JPG

PB290029.JPG

11月も、そろそろ終わりが近づいてきましたね、
英彦山もそれらしい初冬の気温になり始めたし、辺りの景色も日毎に
寂しくなってきている。

★ つれづれに一句

  散り敷ける 落ち葉の色を 惜しみつつ   yamahiko
    ・ちりしける おちばのいろを おしみつつ


それでも、この時期になると気持ちはもう次のシーズンへと向かっているし、今年は
久し振りに冬らしい寒さになるとか。

初霜・初氷、初雪・霧氷・樹氷・・・、さぁ、英彦山の冬がやって来る。



posted by yamahiko at 21:22| 歳時記